J-GoodTech ジェグテック

非会員の方新規登録
MENU
登録企業ドキュメンタリー

「ブラストの可能性は、まだまだ夜明け前。
新しい市場を創ることが、私たちの仕事です」

株式会社不二製作所 代表取締役社長 杉山博己氏

ABOUT COMPANY

60年以上にわたり、エアーブラスト専用装置の開発・製造を行う株式会社不二製作所
1950年代に、当時敬遠されていたエアーブラストに着目。
その後産業として大きく発展させた、日本を代表するエアーブラストのメーカーです。
現在は、装置の開発・製造やエアーブラストの受託加工サービス、先進技術の開発などに取り組み、
日々さまざまなニーズに応えながら、ブラストの新たな可能性を追求し続けています。
同社独自の技術や海外市場への展開、その先にあるビジョンについて、代表取締役社長の杉山博己氏にお話を伺いました。

日本のエアーブラスト業界を牽引し続けて60年。

エアーブラストとは、圧縮した空気を研磨材とともに噴射し、表面処理加工を行う技術のこと。その加工法は多岐にわたり、自動車からIT製品、家庭用品まで、あらゆる分野で活用されています。「表面を粗して塗装の密着性を高めたり、部品を切断した時に出る不要な突起であるバリを削り取ったり、固い研磨材を噴射して表面を鍛えたりと、エアーブラストは表面であればどこにでも活用できる技術です」と語る杉山氏。不二製作所は、エアーブラストの専業メーカーとして約60年前から専用装置を開発・製造。国内外の大手企業への納入実績も多く、エアーブラストのリーディングカンパニーともいうべき存在です。

代表取締役社長 杉山博己氏
代表取締役社長 杉山博己氏

敬遠されていた技術に着目し、
産業化を実現。

1950年にコンプレッサー製造業として事業をスタートした不二製作所。その後、創業者がエアーブラストに着目したことで、会社に転機が訪れます。「エアーブラストは、今では幅広い分野で活用されていますが、当時は研磨材を吸い込んで珪肺などの職業病を招くという理由から敬遠されていた技術でした。しかし、当社の創業者が、“もっと環境を整えれば、必ず有効な技術になる”と可能性を見出して、密閉した空間でエアーブラストを行える専用装置を開発したと聞いています」。この装置が大手メーカーの下請けであるアルマイト加工工場に次々と導入され、現在の事業へと発展していったのだそう。さらに、杉山氏はこう続けます。「当社は装置を開発するだけではなく、規格を決めてラインナップを揃えていきました。つまり、エアーブラストを産業化させて、お客様に最適かつ高性能な装置を提供できるようにした。この取り組みもポイントだと思います」。

組み立てを終えたエアーブラスト専用装置
組み立てを終えたエアーブラスト専用装置

ちょっとしたニーズの中に、
新たなビジネスのヒントがある。

専用装置の開発・製造だけではなく、エアーブラストの受託加工を引き受けているのも同社の特徴です。例えば、カーレース部品の表面を強化したり、店舗の外壁一面に梨地加工を施したりと、小さなものから大きなものまであらゆる加工に対応できるそう。「専用装置を導入するのは難しいけれど、エアーブラストで表面に新しい機能や価値を与えたいというお客様はたくさんいます。私たちが目指しているのは、“何気ない引合いや受注から、新しい可能性を見つけ出し、新しいブラストビジネスを立ち上げてゆく”こと。だからこそ、受託加工サービスを通じて、そういったお客様のニーズをサポートしていくことが大切です。また、当社にはブラストが好きでノウハウを持った社員が多くいるので、ひとつひとつのニーズに柔軟かつ正確に応えられる。こういった環境の中で、世の中に小さいながらも多くのイノベーションを巻き起こしています」。

(下)工場内で溶接作業を行っている写真
(上)オフィスフロアの一角にある設計部
(下)装置の製造は社員1人が1台を担当

技術を磨きながら、
今後は工場の規模やスタッフも拡大。

今、同社が最も力を入れているのが、シリウス加工といわれる独自の技術。「ゴムのような弾性のある研磨材を噴射し、表面を滑らせて磨き上げます。一般的にブラストは粗したり削ったりする技術だと思われていますが、磨きもできるとアピールしたい。ブラストの新しい付加価値を創ることが私たちの役目ですから。今は金型の磨き職人の高齢化が進んでいるので、シリウス加工で人手不足を解決したいという想いもあります」。こうした技術開発の一方で課題もあるそうで、「最近は、航空機部品などへのブラストのニーズも多く、中に作業者が入ってエアーブラスト加工を行うルーム型の装置の製造も増えているなど、装置の大型化が進んでいます。それに対応していくためには、工場自体の規模もさらに拡張する必要があります。また、ロボットを装備した装置の需要も高まっているので、より複雑な設計に対応できるスタッフも増やしていきたいですね」。

シリウス加工によって磨かれた金型
シリウス加工によって磨かれた金型

高品質な装置を武器に、世界で戦えるメーカーへ。

2012年にはタイに営業所を構え、海外展開も本格化。エアーブラストは精密な加工のため、東南アジアのようにある程度成熟した市場で需要があるそう。「その中でも、親日的で日本のメーカーも多いことからタイに進出しました。とはいえ、現状は日本から装置を輸出しているので、今後は長年の実績とノウハウを活かしながら、現地での生産体制を整えていきたいですね。タイにもブラストのメーカーはありますが、私たちには日本製の高品質な装置を作れるという強みがある。海外企業との連携も視野に入れながら、不二製作所ブランドのグローバル化を目指していきます」と杉山氏はビジョンを語ってくれました。「私たちの合言葉は、“ブラストの可能性は、まだまだ夜明け前”です。これには、“ブラストの需要はまだまだあるから成長できる”という意味と、“夜が明ける=需要がなくなる、ということがないように、ブラストの新しい市場を創っていこう”という2つの意味が込められています。ブラストの可能性を広げるためには、今世の中にはどんなニーズがあるのかを知る必要がある。そのためにジェグテック上で公開されるニーズなどをチェックしながら、日々アンテナを張っています」。

工場内にある組み立てスペースの写真
ニーズに合わせてさまざまなエアーブラスト専用装置を製造

FROM J-GoodTech

今回お話を伺った株式会社不二製作所は、
「ブラストの新しい市場を創りたい」という想いを持ち、専用装置の開発・製造や受託加工を通じて、
お客様のあらゆるニーズと向き合われている企業でした。

ジェグテックでは、国内外の登録企業が発信するニーズ情報を閲覧できるニーズ機能がご利用いただけます。
ジェグテック上に掲載されているニーズは、ジェグテックの掲載企業であればすべてが閲覧可能。
さらに、気になるニーズ情報に対して解決策を提案することもできます。
新しいビジネスパートナーとの出会いや、自社の技術を活用できる場をお探しの際は、ぜひこちらをご活用ください。

ジェグテックに登録されている
この企業ページを確認する

幅広く事業展開を目指す企業の方は、
ぜひジェグテックをご活用ください。

他の登録企業ドキュメンタリーを見る

  1. TOP
  2. ジェグテックジャーナル
  3. 登録企業ドキュメンタリー
  4. 株式会社不二製作所