J-GoodTech ジェグテック

非会員の方新規登録
MENU

よくあるご質問

皆さまから多く寄せられる質問と、その回答をご紹介します。

ログインについて

Q1ジェグテックにログインするためのID・パスワードを忘れてしまいました。どのようにすればよろしいでしょうか?

ジェグテックにログインするためのID・パスワードを忘れてしまった場合は以下を参照ください。
【IDを忘れた場合】
ジェグテックへログインするためのIDはご登録いただいてるメールアドレスとなります。もし、ご登録のメールアドレスをお忘れの場合には、ジェグテック運営事務局(jgoodtech_cs2@smrj.go.jp)までご連絡をお願いします。
【パスワードを忘れた場合】
パスワードをお忘れになった場合には、以下のURLにアクセスいただき、パスワードの再設定をお願いします。
(パスワード再設定案内URL)
https://jgoodtech.jp/ja/system/password/reset/

「情報ボード」「ニーズ発信」をご利用の方はこちら
https://jgoodtech.smrj.go.jp/users/password/new?locale=ja

入力後、「パスワードをリセットする」をクリックし、パスワード設定の案内メールの手順に沿って設定を進めてください。

中小企業の方のご登録について

Q2中小企業がジェグテックに会員登録したい場合にはどのようにすればよいですか?

登録申請フォームよりご応募いただき、申請受付完了後、内容を審査の上、結果をメールにて通知させていただきます。
なお、ジェグテックでは10月に会員ページのリニューアルを予定しており、現在、新規会員登録を休止しております。登録の再開は、リニューアル後を予定しております。

Q3登録できる中小企業に業種・規模・分野の条件はありますか?

登録できる対象中小企業は以下のとおりです。
(1)国内の大手中堅・中小企業との事業拡大、海外マーケット開拓(輸出、海外代理店確保、海外拠点設立など)に意欲がある中小企業。

(2)対象業種
①製造業・建設業…製造業、建設業もしくは情報サービス業としての固有の技術を持っている企業(製造企画関連、ソフトウェア関連を含む)
②流通業…卸売業(生産財・消費財)、専門商社
③サービス業…対事業所向けサービスを営む企業で、主に「モノ」を対象とするサービス業(輸送、倉庫・保管、据付・修理・保全など)及び「情報」を対象とするサービス業(情報処理、人材確保・活用、販売促進・広告など)

※一般消費者向け取引(B to C取引)、金融、保険、賃貸、人材派遣、コンサルティングなどについては対象外です。

(3)中小企業の定義
中小企業の定義については中小企業基本法第2条第1項にて定めている事項になります。詳細は以下のとおりです。
製造業・建設業…従業員300人以下もしくは資本金3億円以下
卸売業…従業員100人以下もしくは資本金1億円以下
サービス業…従業員100人以下もしくは資本金5000万円以下
※上の範囲に該当する中小企業でも、以下のいずれかに該当する企業(みなし大企業)は対象に含みません。
・発行済株式の総数又は出資金額の2分の1以上が同一の大企業の所有に属している法人
・発行済株式の総数又は出資金額の3分の2以上が複数の大企業の所有に属している法人
・大企業の役員又は職員を兼ねている者が役員総数の2分の1以上を含めている法人

Q4異業種グループなど中小企業の連携体(任意グループ)は登録できますか?

中小企業が主たる構成メンバーであること、グループの会則など何らかの規約があること、取引時の契約主体が明確であることなどの一定の条件を満たすことが確認できれば、登録できます。

Q5登録に当たっては審査基準はどのようなものになりますか?

掲載に向けての審査基準は以下の①~④のいずれかを満たし、かつ⑤が確認できることとしています。

① ジェグテックの対象企業、対象業種であるか
② 技術・製品・商品・サービスの特長が明確か
③ 大手・中堅企業や海外企業との取引実績があるか
④ 大手・中堅企業や海外企業との取引に向けた体制があるか
⑤ 販路開拓または海外展開への意欲、ジェグテック活用に対する意欲

Q6ジェグテックへ登録した場合に費用はかかるのですか?

掲載(英訳を含む)は無料です。また、その他サービスのご利用においても全て無料となります。(英訳については登録申請時の初回のみ無料となります。その後の企業情報更新時の英訳はサポートしておりません)

会員が利用できる機能について

Q7ジェグテックにはどのような会員区分があるのですか?

ジェグテックにはいくつかの会員区分が設けられております。詳細についてはこちらをご参照ください。
なお、それぞれの会員ごとに利用できる機能などが一部異なっております。会員ごとの詳細については、本FAQに記載されている該当項目をご参照ください。

Q8ジェグテックに登録されている海外企業会員はどのような企業ですか?

ジェグテックに登録されている海外企業は、中小機構が業務提携をしている海外支援機関(政府関係機関など)から一定の基準(日本企業との提携、連携に関心の高い企業であることなど)に基づき、推薦された企業のみが登録されています。

ジェグテックの利用方法について

企業情報の編集について

Q9ジェグテックに掲載する情報の入力・更新は誰が行うのですか?

掲載情報の入力・更新はすべて登録企業に行っていただきます。 ジェグテックでは、国内外へサイト自体のプロモーションを積極的に進めており、サイトを検索、閲覧する企業も増えております。企業情報が更新されないままであれば皆さまの企業が検索にヒットしない、あるいは情報が更新されていないことで貴社の魅力を損なってしまう可能性があるため定期的に企業情報の見直しをお願いいたします。

Q10当社のPR情報については、どのような観点から記載すればよいですか?

自社の技術、製品、商品、サービスがどのようなお客様(対象、ターゲット)に対し、どのようなシーン(具体的な製造プロセスやサービスプロセス)で、どのような価値(お客様が喜ぶ“うれしさ”)を提供することができるのかを、簡潔にご記載ください。
すべての用語が検索の対象になりますので、お客様が検索の際に使用されると思われる用語をできるだけ用いてください。
なお、PR情報の記載に当たっては、必要に応じて中小機構のコーディネーターがサポートいたします。

企業からのコンタクトを増やす秘訣「J-GoodTech企業情報登録」はこちら

Q11自社のホームページにジェグテックへのリンクバナーを掲載したいのですが?

当サイトはリンクフリーです。リンクバナーを設定する場合はジェグテックリンクバナーページの画像をご利用ください。以下のページにジェグテックのリンクバナーをご用意しております。
ジェグテックリンクバナーはこちら

ビジネスコミュニケーションについて

Q12ビジネスコミュニケーションとはどのようなものですか?

ビジネスコミュニケーション機能とは、ご自身の気になるテーマや関心事についてジェグテック会員企業と自由に情報交換を行い、新たな企業同士の関係構築を図ることを目的とした会員間の掲示板機能です。
ビジネスコミュニケーション機能には、トピックという「マーケットや技術に関する話題」「アイデア募集」など話題が掲示されています。

Q13トピックの作成は誰でもできるのですか?

トピックの起票はジェグテックの会員企業及び国内外の支援機関からの推薦企業に限られます。

Q14興味のあるトピックがあるのですが、誰でもトピックに投稿できるのですか?

トピックへの投稿は会員企業であれば可能です。

Q15トピックを作成した場合や、投稿した場合には所属先、氏名などは公表されるのですか?

投稿した場合には、所属先・氏名が公開されますのでご注意ください。

Q16国内の登録中小企業が企業名を伏せてトピックを発信することはできますか?

企業名を伏せてトピックを発信いただくことはできません。ビジネスコミュニケーションは、会員間の幅広い情報交換により、新たな企業間での関係を築くことを目的としておりますので、全て実名(所属先・氏名)が公開されます。

Q17間違って作成したトピックは消去できますか?

利用者からはトピックを削除することはできません。削除を希望される場合には、ジェグテック運営事務局(jgoodtech_cs2@smrj.go.jp)までご一報ください。

Q18トピックに投稿したコメントを修正したいのですが、どのようにすればよいのですか?

投稿したコメントの修正はできません。ただし、投稿いただいたコメントの右側に「削除」ボタンがございますので、そのボタンをクリックしていただくと、コメントを削除することができます。

「海外企業との商談」について

Q19海外会員企業と情報交換を進める際、技術流出のリスクはないのですか?

中小機構においては、個別の情報やり取りに関する技術流出については対応を行っておりません。海外企業との情報交換に際しては、画像や図面、ノウハウなど機密情報などの管理には十分ご注意ください。
なお、知財関連のご相談については、以下で対応しておりますので、ご活用ください。

知財総合支援窓口ポータルサイト http://chizai-portal.jp/

Q20海外企業と取引したいのですが英語に自信がありません。ジェグテックでは言語のサポートはしてくれるのですか?

海外企業との商談の進め方や注意などに関するサポートは中小機構にて実施しておりますので、いつでもご相談ください。単純な言語の翻訳などについてはサポートしておりませんので、ご了承のほどお願い申し上げます。

Q21海外企業からジェグテックを通じて問合せがありました。どのように対応すればよろしいですか?

問合せの内容をご確認いただき、返答する必要性をご検討の上でご対応をお願いいたします。全ての問合せに対して必ず返答する必要はございません。
なお、お問合せに対する返答でお困りのことがございましたら、(jgoodtech_cs2@smrj.go.jp)までご連絡をお願いします。

Q22海外企業と連絡をとりたいのですが、ジェグテック上の「お問合せ」機能を活用しても返事がありません。どのようにすればよいですか?

どうしても海外企業と連絡が繋がらない場合には、中小機構から海外企業に対して一度ご連絡させていただきますので、ジェグテック運営事務局(jgoodtech_cs2@smrj.go.jp)にご連絡をお願いします。

Q23ジェグテックでマッチングした企業とのトラブルが生じた場合、サポートしていただけるのでしょうか?

原則、ビジネス上の商談などにおけるトラブルについては当事者間で解決を図っていただくこととなります。(ジェグテック利用規約第23条をご参照ください)
対応方法などでご不明な点やアドバイスなどが必要の場合には(jgoodtech_cs2@smrj.go.jp)までご連絡ください。

「情報ボード」について

Q24「情報ボード」とは何ですか?

自社のニーズ情報(加工委託先・技術パートナーの探索、技術課題の解決など)を書き込み、ジェグテック掲載の中小企業から提案を受けて商談を行うことができる掲示板です。
情報ボードの活用の仕方については、下記の活用ガイドをご覧ください。

ジェグテックガイドはこちら

Q25「情報ボード」に書き込んだニーズ情報は誰にどこまで開示されるのですか?

ニーズ情報はジェグテックの国内登録会員(中小企業会員、大手パートナー企業会員、支援機関会員を含む)が閲覧することができます。
なお、ジェグテックは10月にリニューアルを予定しており、本サービスは、9月14日以降、段階的に休止いたします。詳細についてはJ-GoodTech(ジェグテック)会員ページリニューアルのお知らせをご覧ください。

Q26ニーズ情報はどの程度の情報量を記入すればよいですか?

漠然としたニーズ情報にすると、広く提案を募ることはできますが、その分、提案しづらくなるため、提案の精度が落ちる可能性があります。より詳細なニーズ情報にすると精度の高い提案が期待できますので、ニーズの開示の限界を考慮し、どの程度まで詳細に書き込めるかをご検討ください。ただし、機密情報は記載しないようにご注意ください。

Q27ニーズに対する提案やその後のやりとりの内容はどこまで開示されますか?

提案内容及びその後のやりとりの内容は、ニーズ発信者と提案者の当事者間のみで共有されます。他の提案者に自身の提案を見られることはありません。

Q28よい提案があり、商談したい場合はどうすればよいですか?

よい提案者とのコメントのやりとり(1対1)の中で、担当者や連絡先などの情報交換をしていただき、双方で商談などを行っていただきます。

「ニーズ発信システム」について

Q29「ニーズ発信システム」とは何ですか?

ジェグテック掲載の中小企業に向けて大手パートナー企業が自社のニーズ(加工委託先・技術パートナーの探索、技術課題の解決など)を発信し、提案のあった中小企業の中から相手先を選定して商談を行うことができるシステムです。本サービスでニーズ情報を発信できるのは大手パートナー企業のみとなります。(ジェグテックをパートナー企業にご登録いただけるのは、国内大手企業のみです。)

Q30大手パートナー企業から届くニーズ情報はどこで見られるのですか?

大手パートナー企業からのニーズ情報は、ジェグテック掲載の中小企業の中から対象を特定して発信しています。その内容は、ジェグテックトップ画面の『「情報ボード」「ニーズ発信」をご利用の方はこちら」』からアクセスいただき、ログインの上、登録企業用の「マイページ」から確認することができます。併せて提案を送信することも可能です。

ジェグテックのコーディネーター(専門家)によるアドバイス・仲介機能について

Q31ジェグテックのコーディネーターとは、具体的にどのような人ですか?

大手メーカーでの製品・技術開発や調達業務、また商社での国内外の企業との提携、取引などに関する経験を有する方々です。

Q32ジェグテックのコーディネーターから受けられるアドバイスとは具体的に何ですか?

コーディネーターの主なアドバイス内容は以下のとおりとなります。

① ジェグテックでの自社の企業情報掲載に向けたアドバイス
② 大手企業・海外企業からのニーズ発信の内容とそれに対する提案内容に関するアドバイス
③ 大手企業・海外企業との商談などに向け、技術シーズ・サービスの提案方法、ニーズに応じた用途提案などに関するアドバイス
④ 大手企業や海外企業などとの商談、契約、取引などに関するアドバイス

Q33ジェグテックのコーディネーターは大手企業や海外企業などに対して何を行うのですか?

大手企業のニーズ情報(加工委託先・技術パートナーの探索、技術課題の解決など)は中小企業にとって難解なことが多く、それをわかりやすく中小企業に伝える調整業務を行っております。同じく海外企業が発信する情報も中小企業には直接的には伝わらないことが多いため、それをわかりやすく中小企業へ伝えるための調整業務をおこなっております。
また大手企業・海外企業に対し、会員である中小企業の皆様の技術の優位性や用途など紹介や説明を行っています。

大手企業の方のご登録について

Q34大手パートナー企業への登録を希望していますので、登録方法について教えてください。

大手パートナー企業にご登録いただくためには、「登録申請書」をご提出いただく必要がございます。こちらより申請書をダウンロードしていただき、内容をご記入の上、郵送にて以下までお送りください。

「申請書送付先」
独立行政法人 中小企業基盤整備機構 販路支援部
マッチング事業担当
住所:〒105-8453 東京都港区虎ノ門3-5-1 虎ノ門37森ビル
電話:03-5470-1824
メール:hanro-web@smrj.go.jp

Q35大手企業が大手パートナー企業に登録するとどのようなメリットがありますか?

大手パートナー企業の主な登録メリットは以下のとおりとなります。

① ジェグテックの「ニーズ発信システム」を利用し、ジェグテック掲載の中小企業に向け貴社のニーズ情報(加工委託先・技術パートナーの探索、技術課題の解決など)を発信し、提案のあった中小企業の中から相手先を選定して商談することができます。
② 上記のニーズ発信において、匿名での発信、ニーズ発信先の限定(絞り込み)、中小機構による代行発信サービスの利用が可能となります。
③ ご依頼により貴社のニーズに応じた複数の掲載企業とのマッチング会を中小機構が企画、開催させていただくことができます。
④ 貴社と中小企業との商談に向け、必要となる情報提供やサポートを中小機構より行わせていただくことができます。

Q36大手パートナー企業登録や、その後のサービスを受けるのに費用はかかりますか?

登録・サービスの利用ともに無料です。

支援機関の方のご登録について

Q37地方自治体のような支援機関もジェグテックに登録できると聞いたのですが、どのように登録すればよいのですか?

支援機関向けの会員登録のご希望がある方は、(hanro-web@smrj.go.jp)までメールにて「支援機関名」、「住所」、「役職」、「氏名」、「メールアドレス」をご記載の上、メールにてご連絡ください。

Q38支援機関がジェグテックでできることを教えてください。

以下の事項について、ジェグテックを通じて実施できます。

① 支援機関の専用ページを持つことができ、地域産業や、地域企業の情報などを発信することができます。
② ジェグテックの各種機能を活用することで、支援先企業に代わってニーズ情報の確認や、ニーズ発信を実施することができます。
③ 支援先企業と国内外のジェグテック登録企業とのネットワークを形成し、お互いの経営課題解決に向けた情報交換を支援できます。

Q39支援機関の会員は、情報ボードでニーズ情報を発信することはできますか?

支援機関の皆さまも支援先企業に代わってニーズ情報を発信することができます。支援先が新たな受発注先の確保などでお困りの場合には、支援機関がジェグテックを活用して探索することが可能です。

Q40支援機関の会員は情報ボードで発信されているニーズ情報を確認することはできますか?

支援機関の会員も情報ボード上で発信されているニーズ情報を確認することができます。支援先企業で対応できそうな企業がいる場合には、是非支援先企業へお繋ぎください。

Q41支援機関は情報ボードに掲示されているニーズ情報に対して直接提案することはできますか?

支援機関も情報ボードに掲示されているニーズ情報に対して提案することが可能です。しかし、実際のニーズ情報に対する課題解決の提案は支援先企業が実施することになることが想定されますので、支援機関と支援先企業で十分に調整のうえご提案をお願いいたします。

Q42支援機関は、支援先企業をジェグテックに推薦するためには、どのようにすればよいのでしょうか?

ジェグテックへの支援先企業のご推薦をご希望の場合には、申請方法などを別途お伝えさせていただきますので、(hanro-web@smrj.go.jp)までメールにてお問合せください。メール受信後、内容などを確認させていただき、申請方法などをご連絡させていただきます。

幅広く事業展開を目指す企業の方は、
ぜひジェグテックをご活用ください。

  1. TOP
  2. よくあるご質問