中小企業のIoT分野の新事業創出を推進に向けたマッチングに成功

ジェグテック登録企業である臼田総合研究所株式会社(以下、「臼田総研」)は、ジャイロ(角速度)、加速度、気圧、光、音、温度など世界最高の17軸のセンサーを搭載したチップを開発、製造しており、同社の製品は生産現場の故障予知や遠隔稼働監視、マーケティング活動などの様々な活用が今後期待されています。
今回、ジェグテックを通じて、大手通信会社のソフトバンク株式会社とIoT分野の新事業創出に向けた事業提携にどのような形で成功したのか、臼田総研 代表取締役社長の臼田裕さんにお話を伺いました。

株臼田総合研究所株式会社 社長 臼田氏

臼田総合研究所株式会社 
社長 臼田氏

世界最高17軸ウェアラブル型ロボットセンサー『U-BRAIN RS-01』

まずは、御社の強みとなる事業について教えてください

当社の強みとなる事業は、世界最高17軸ウェアラブル型ロボットセンサー『U-BRAIN RS-01』です。この『U-BRAIN RS-01』は、ジャイロ、加速度、気圧、光、音、温度と5ch I/Oを超高密度実装した重さ2gの超小型·軽量センサーで、 IoT、ロボット、ウェアラブル機器などへの適用が可能です。また、センサーハードウェアのみならず、無線ユニット、ファームウェア、ミドルウェア、アプリケーションを統合開発しているため、センサーハードウェア導入時のシステム開発を加速することが可能です。
さらに、ソニー時代の2002年から40件以上の特許申請を行い、創業時に19件の普通実施権及びサブライセンス権を取得しています。そのため、自社製品·技術を販売或いは他社に提供するに当たり、開発面、技術面、権利面において他社に依存する必要が無いため独自のビジネス戦略が立てられることが大きな強みです。

センサー画像U-BRAIN RS-01

センサー画像U-BRAIN RS-01

ジェグテックには数多くのマッチング機会が用意されている

ジェグテックを活用するに至った経緯について教えてください。

当社はジェグテック立ち上げ当初より参加したのですが、当時、中小機構が運営するインキュベーションセンターに入居しており、そこのインキュベーションマネージャーの方に勧められてジェグテックに参加することにしました。ジェグテックを活用することで、より当社の販路開拓につながればという思いで参加したことを今でも覚えています。

実際にジェグテックを活用してみてどうでしたか?

ジェグテックではWEB上でのマッチングだけでなく、大手企業や海外企業とのマッチング会等、数多くのビジネス機会が豊富に用意されており、当社の販路開拓に非常に役立っています。ジェグテックを通じて知り合ったある大手企業とは販売代理店の契約を締結に至り、直接の顧客獲得、売上増加を図ることができています。

会員数が多くユーザーからの問合せが直接的な販路拡大・顧客開拓に

ジェグテックと他のサービスとの違いを教えてください。具体的にどういった点でジェグテックは優れているのでしょうか。

今までは、いくつかの民間企業が提示するサービスを活用しておりましたが、当社では民間企業のサービスよりジェグテックのサービスのほうが直接的な販路拡大につながっています。
ジェグテックと他のサービスとの大きな違いは、ジェグテックで配信されるニーズがピンポイントな内容であることが多く、当社にとって直接的な取引に結びつきやすい内容であることと、ジェグテックを通じて問合せをしてくるユーザーとの取引につながることが多いということが挙げられます。他のサービスですと、カタログ等の要求に関して返信をしてもレスポンスのないことが多いのですが、ジェグテックのユーザーからの問合せは、比較的次につながっていくケースが多いように感じています。

そういった意味では、ジェグテックのユーザーは、問合せをする際に具体的な商談や情報交換を希望している方が多いといえるかもしれませんね

他のサイトと比較して会員数が多いため、当社の製品を広く告知可能であり、その結果、多くのお問い合わせを頂いております。また、WEB上でのマッチングのみならず、リアルでの商談会やマッチングなど、様々なビジネスマッチングの機会が用意されているため、当社の直接的な顧客開拓·売上増加にジェグテックは役立っているといえます。

中小企業の新たな営業ツールとして活用できる

ジェグテックを活用してみて、具体的にどのようなメリットがあったのでしょうか

先ほどもお話したとおり、ジェグテックではピンポイントで確度の高いニーズ情報が配信されるので、直接的なビジネスに繋がるケースも多いことが挙げられます。また、実際に当社が営業人員を新たに確保して営業活動を拡充することはコストの関係上難しいですが、ジェグテックを活用することで費用をかけずに営業活動を行うことができるため、中小企業にとっては非常に素晴らしい仕組みであると感じております。

ピンポイントで確度の高いニーズ情報をタイムリーに配信

確かに、中小企業で新たに営業先を開拓するために新しい人員を雇うことは、コストの関係上難しいことも多いですね

営業コストをかけずに待っていても各種ニーズ情報が届くのは非常にありがたいですね。また、もう一つのメリットとして、世の中の大企業等がどういったニーズを持っているのかなど、世の中の流行りのようなものを、ジェグテックを通じて感じることができるところです。今後、自社の製品を開発する上で、今流行していることを捉えることは非常に重要で、最新のマーケット情報をつかむ上でも重宝しています。

短時間で事業提携に話が進むWEBを活用したマッチングの効果

今回、ソフトバンクとの連携に関して実際に事業提携にまで至ったわけですが、具体的にどのような形で今回のマッチングは進んでいったのでしょうか?

ソフトバンクでは、小型で高性能、かつ軸数が多いセンサーを探していたようで、8月末ごろ、ジェグテックを通じて当社をお知りになったようです。その後、直接ソフトバンクのご担当者様から当社に連絡が入り、今後のIoT市場の拡大等に向けた開発において、ソフトバンクと秘密保持契約の締結へと至りました。現在も、ソフトバンクとは連携を進めています。今回のソフトバンクとの連携は、非常に短時間で提携に向けた話が進み、WEBを活用したマッチングの効果にとても驚いています。

セ
製品画像

製品画像

ジェグテックの企業ページが自社企業PRに貢献

 ソフトバンク以外にも、これまでジェグテックを通じて問合せ等はありましたか

当社ホームページに問い合わせがあり、その結果共同開発に至った例があります。ジェグテックのホームページを経由して、当社ホームページを来訪される企業が多く、ジェグテックの当社企業ページが当社のPRに貢献してくれています。

共存共栄できる企業間連携の取り組みを加速

ジェグテックを活用して数々の成果がでていることで我々も非常に嬉しく感じました。最後に、ジェグテックの今後の活用に向けて一言お願いいたします

ジェグテックの当社ページに多くのセンサー適用事例を掲載することにより、センサー適用の可能性を多くの企業に知ってもらい、需要の拡大を図っていきたいと考えています。また、今後のビジネスでは、1社単独での事業では限界があり、企業間の連携が非常に重要になってきます。ジェグテックには素晴らしい中小企業が多数登録されており、当社と共存共栄できる企業を探して、企業間連携の取り組みを今後加速させられればと考えております。また、ソフトバンクと連携して実施している事業についても、今後ジェグテックを上手く活用し、PR活動を行っていきたいと考えております。

その他、特記事項(編集後記)

今回取材させていただいた臼田総研様は、他社では真似のできない世界最高の17軸のセンサーを搭載したチップを開発、製造しており、その技術力に対して大手企業のソフトバンクが目をつけ、提携に至った事例です。
日本の中小企業は技術力が高いと言われて久しいですが、まだまだ世の中で知られていない中小企業が数多くいます。今回の臼田総研様も、ジェグテックを通じて大手企業が当該企業を知ったことで提携に至りました。
今後も中小機構では、こういった卓越した技術力やサービス等を有する中小企業に焦点をあて、中小企業が多くの企業の目に触れるような活動を促進していきたいと考えております。