法人情報

お気に入りページ登録に失敗しました
お気に入りページ解除に失敗しました
すでにお気に入り登録済みのページです
自社はお気に入り登録できません

最終更新日時: 2018-04-08 17:38:18.0

福井経営

福井経営は中小企業の経営課題について目線を低くして支援をしています。

環境CSR経営システムの構築、環境マネジメントシステム導入支援、6次産業化・農商工連携、産学連携、地域の活性化、地方創成、販路開拓、広報PR支援、コストダウン、などのセミナー講師、社員教育など経験が豊富です。

お問い合わせ

アピールポイント

環境CSR経営導入、6次産業化、コストダウン、販売促進、経営計画構築などの経営支援
環境CSR経営関係
特徴1
私が環境に関心を持った理由は東京商工会議所が数年前からエコ検定試験を実施し始めましたが私は第1回を受験しエコピープルになりましたが世界の環境が予想以上に悪化していることが解ったからです。温暖化などが急速に進行していて、持続可能な世界にし人類が生き延びるには、企業も例外ではないと思いました。時期を同じくして一般社団法人日本経営士会(AMCJ)でも環境社会創出委員会が設置され企業へまたは企業人に環境経営などの大切さを訴えることになり、私は環境委員となり環境経営の普及に努力してまいりました。

参考ホームページは http://www.compact-eco.com
特徴2
コンパクトエコシステム:CESについて
一般社団法人日本経営士会は中小・小規模事業者でも導入し易くリーズナブルな環境マネジメントシステム(EMS)を構築し普及活動を行っています。このEMSを“コンパクトエコシステム®“(CES)と名付けました。
日本には385万の事業所があると言われていますがISO14001、エコアクション21、KES、エコステージなどEMSを導入している企業数は約4万社程度です。日本の事業所数の約1%にすぎません。私どもはEMSを取り組み易くリーズナブルの費用で中小・小規模事業者に広めたく活動を行っています。
このCESはエコアクション21と類似していますが、小規模企業でも簡単に取り組める様にガイドラインは20ページ程度です。
導入費用は第3者評価・登録料7万円、更新料4万円/2年毎、支援料は1時間1万円です。 (支援料は環境経営士が計画作成、環境保全レポート作成、環境経営理念、戦略、経営計画などを支援する料金 今までの平均支援時間は6時間、6万円位です。登録までの平均月数5-6カ月です。この中には3カ月の試行実施期間が含まれています。)即ち合計13万円程度で環境マネジメントシステムを構築可能です。
但し遠方の場合は別途旅費を申し受けます。
特徴3
コンパクトCSR(C.CSR:中小小規模企業にも導入しやすい、企業の社会的責任)
については上記と同様な考え方ですが、企業の社会的責任経営のことです。
ISO26000、JISZ26000(それぞれ企業の社会的責任の国際規格と日本のJIS企画です)に沿って御社のマネジメントを再構築支援をします。
導入費用は第3者評価・登録料7万円、更新料4万円/2年毎、ご要望により支援料1時間1万円です。 (支援料は環境経営士が計画作成、環境CSR保全レポート等作成、環境CSR経営理念、戦略、経営計画などを支援する料金 今までの平均支援時間は6時間、6万円位です。登録までの平均月数5-6カ月です。この中には3カ月の試行実施期間が含まれています。)即ち合計13万円程度で環境・CSRマネジメントシステムを構築可能です。
但し遠方の場合は別途旅費を申し受けます。
 
 CES、C.CSRの普及・導入支援は日本経営士会の「環境経営士®」が行っています。この養成は2カ月に1回は東京で養成をしており、随時地方でも養成をしています。

詳細:「日本経営士会」ついてはhttp://www.keieishikai.com/index.phpで、
「コンパクトエコシステム」「コンパクトCSR」「環境経営士®」の詳細、お申込みはhttp://www.compact-eco.com/ で検索をお願い致します。

お問い合わせはコンパクトエコシステム普及員・環境経営士 福井 浩
Eメール:hfukui@kuf.biglobe.ne.jp  携帯:080-1209-8022
経営コンサルタントとして豊富な経験 
経営コンサルタント

特徴1
 今までの中小企業を見てきた経験
私は横浜の重機メーカで約40年主に生産畑を経験しました。定年後は日本経営士会の経営士の資格を取り、主に中小企業の経営コンサルタントを行ってきました。長らく中小企業を診てきて感ずることは、リーマンショック以降は企業はスタッフ部門をスリムにされた感覚です。リーマンショック前は50人の規模の会社は現在は30人程度にスリム化して売り上げは減らさないという感じです。
社長と面談しても社長の片腕になる人、ここが会社にとって弱いから強化したらよくなるのにと感じることが多々ありました。常用でなく顧問として経営コンサルタントと契約して時々意見をきくなりするなどしたらと考えるときもあります。
特徴2
 理念 経営戦略
まず企業に入り社長と面談するとき、従業員の私に対する態度などで大体どのような会社かわかります。挨拶がしっかりしているとか、服装、態度で従業員に対する教育、しつけが行き届いている会社か分かります。行き届いている会社は大体黒字を出しているようです。社長と話して、理念とかビジョンなど確立しておれば、ベターですがここが定まっていないと何か決断する時はよりどころがないと決断も鈍ります。またこの理念、ビジョン、夢があると
当社にとって何が問題か常に把握、問題意識があるとおのずと解決策が見つけやすくなります。また自社の強み、弱み、世の流れなどを把握され戦略を作り、中期、短期計画に落とし込むこととなります。

特徴3
 販路開拓は
中小企業の一番の悩みは売り上げが向上しないことです。なぜ向上しないか、世の中のニーズに対して時代遅れの商品、競争相手が増えた、代替品が出てきたなどが考えられます。この段階で新商品開発となります。ここがまた難しい。私もメーカにいましたが
新商品開発で予測通り売れることはまずない。今までの企業は約1500社は見てきましたが(企業勤務で調達業務、神奈川産業振興センター発注開拓員、産学連携、6次産業化・農商工連携、個別の経営コンサルタントとして)、独自の技術力を持っている企業はその技術の特徴を生かした新商品はまだ売れる可能性があります。
地方創成 6次産業化 農商工連携
特徴1
 二宮町の経験(地方創成)
 私が数年前から3年間二宮町町づくり委員会に参加して広報担当を拝命しました。
二宮町では毎年1-2月にかけて「吾妻山菜の花祭り」が開催されます。二宮町には標高136mの吾妻山があり頂上からは相模湾、富士山などが見えて絶景の場所です。
この山の名の由来は
 古代、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東征の時、三浦半島の走水から海路、上総へ向かう時突然、暴風が起こり船もろとも沈みそうになりました。その時、妻の弟橘媛命(おとたちばなひめのみこと)は夫らを案じ自ら海に身を投じて海の神の怒りを鎮め、平穏を取り戻し皆一命を取り留めました。
その後、日本武尊は二宮の海辺(袖ヶ浦)に流れ着いた妻の櫛と袖の一部を吾妻山にまつり、ありし日を偲んだといわれています。この二人の想いが吾妻山に染み入り、二宮の清らかな風土を育んできたのでしょう。以上が吾妻山の名の由来ですが、
 広報担当として、私は横浜のNHK、新聞社などにプレスレリースをしたところ、NHKが朝のニュースに取り上げヘリコプターから吾妻山の頂上を全国一斉に放映され他の大新聞も1面に取り上げてくれその年の来二宮町の観光客は35万人になりました。以降に宮町観光協協会は活気づきました。今では 年間15万人の観光客が定着をしつつあります。

特徴2
 パソナでの経験(6次産業化・農商工連携)
かって人材派遣会社㈱パソナは国から毎年約2億円の予算を入手し全国の農業・漁業・林業経営体に経営感覚を体得させるべく「農林漁業経営塾」を開催しました。その折私は南関東エリアマネージャーとして東京都、神奈川、静岡、山梨、千葉の行政(農政課等)JA、漁業組合、農家などを回り農林漁業経営塾の普及活動(営業)、セミナー講師、個別農家の経営課題の支援を行いました。この折の経験で感じた事はこのままでは日本農業は数年で衰退する。これを打破するためには、6次産業化、農商工連携、これらと関係する地方創成などが必要と感じました。

特徴3
 食プロの評価では88.89点
上記の経験などから、FACO(Food(食品)、Agriculture(農業)、Coordinator(コーディネーター))の略への登録は済で、昨年は一般社団法人食農共創プロデューサーズの評価を受けました。レベル3で申請しましたが点数はレベル4以上の実力があると評価を受けました。審査員は「長年地域コーディネータとして6次産業化の業務についており、経験豊富で知識や発信力も充分で、申し分のない申請書と言えます。これまでの実績と知識からレベル4以上に充分に値すると思われますので是非、レベル4以上に挑戦してください」とのコメントを頂きました。

その他のアピール

環境・CSR経営を中小企業に普及をする仕事。
6次産業化・農商工連携と関係した地方創成、中小企業の理念構築、戦略立案、販路開拓、社内研修企画、講師など各種支援を行っています。

お問い合わせ