最終更新日時 : 2017/05/30 21:13:49

  • お気に入りページ登録に失敗しました
  • お気に入りページ解除に失敗しました
  • すでにお気に入り登録済みのページです
  • 株式会社ムサシノエンジニアリング

    接合技術や真空技術の関連製品、装置等の設計・製作
    表面活性化による常温接合や原子拡散接合などのウエハ常温接合装置、ステンレス、アルミニウム合金などの真空用容器、真空用ステージ、超高真空用 回転導入機などの運動導入機(マニピュレータ)、各種真空装置などを、半導体、パネルディスプレイ、医療、大学・研究機関向けなどに対応。超高真空、極低温、超精密加工及び光学の独自複合技術を活かして、真空実用装置や接合装置などの開発・製造を行う。超高真空分野で、光学・極低温・超精密加工などの基礎技術を基に、容器や装置、制御系やコントローラーまで製作している。

    会社概要

    法人番号

    1030001018244

    法人名

    株式会社ムサシノエンジニアリング

    ホームページ

    http://www.musashino-eng.co.jp/

    資本金

    3000万円

    従業員数

    17人

    設立年月

    1988年

    本社所在地:国

    日本

    本社所在地:住所

    〒339-0068 埼玉県さいたま市岩槻区並木2-10-10

    業種

    一般機械器具製造業

    代表者

    宮本 和夫   代表取締役

    代表電話番号

    048-756-8792

    自由記載

    【企業の強み】
    超高真空、極低温、超精密加工及び光学の独自複合技術を活かして、真空実用装置や接合装置などの開発・製造を行っています。超高真空分野で、光学・極低温・超精密加工などの基礎技術を基に、容器や装置、制御系やコントローラーまで製作しております。アルミニウム合金の表面酸化膜をコントロールしてガス放出を少なくする独自の加工技術やクリーンルーム(クラス5000)等の設備でを活かして、高品質の製品を製造しています。
    
    【事業内容】
    接合技術や真空技術の関連製品、装置等を設計・製作してご提供しています。表面活性化による常温接合や原子拡散接合などのウエハ常温接合装置、ステンレス、アルミニウム合金などの真空用容器、真空用ステージ、超高真空用 回転導入機などの運動導入機(マニピュレータ)、各種真空装置などを、半導体、パネルディスプレイ、医療、大学・研究機関向けなどに対応しております。
    
    【業種】
    精密機械製造
    
    【代表者メッセージ】
    真空創作技術をベースに極限技術を利用して実用装置を開発する技術集団です。規格品の販売も行っておりますが、オーダーメイド品の開発に積極的に応じております。お客様のご要望に合わせた提案を行い、世界にひとつしかない装置を多く開発しており、従来不可能だったことを可能にするお手伝いをしてまいります。
    
    【販路開拓・海外展開に向けた社内体制】
    超高真空分野で独自製造技術と品質保障により高精度製品を供給してまいります。当社規格のスタンダード製品はもとより、オーダーメイドやカスタマイズ、試作品や受託生産にも対応して、半導体、パネルディスプレイ、医療、大学・研究機関や宇宙関連分野向けなどに対応してまいります。ボルト1本から、装置まで、お客様の仕様にそった製品を提供してまいります。
    
    【表彰・メディア掲載】
    「2009年元気なモノ作り中小企業300社(日本のイノベーションを支えるモノ作り中小企業部門)」
    
    【知的財産】
    高効率電子式ヒートパイプ(第4266325号)
    
    

    この企業は支援機関から推薦されています

    中小機構 関東本部

    英語ページ掲載情報

    https://jgoodtech.jp/ja_JP/web/jc0000000008478/eng

    英語ページ掲載情報

    類似する企業はこちら

    • 金鈴精工株式会社

      軸径φ3以下の精密シャフトの高精度安定量産加工ができる。さらに独自の「小径大量生産型部品の品質チェック方法」により、品質安全性にも優れている。小径シャフトは大手メーカー製デジタルカメラの手振れ防止装置部品や、ディーゼルエンジン部品にも長年採用されている。アジアの市場に向けての現地調査や展示会など、販路の開拓も着実に進めている。

    • MING JANG SEWING MACHINE CO.,LTD.名匠縫紉機股份有限公司

      The innovative dual differential ratio feeding mechanism is different from original Japanese branded machine which has only single differential ratio feeding. Because of this innovative difference, our easy-access external dual differential ratio adjusters can provide a wider range of fabric feeding amount, enabling this kind of costly flatseamer to deal with various fabrics. Because the adjusters are located outside the machine, which is featured of easy access and adjusting by moving forward or backward the lever for required amount of differential ratio, and is superior to Japanese machine which needs efforts in opening the machine and do the adjustment in a very small and dark area with screwdriver. This is an extreme example for excellent user-friendly design. Besides, the innovative fixed Needle Guard is superior to the old design which is put together on moving Feed Dog. This innovation can totally avoid deviation of the Needle Guard position caused by high consumption of moving Feed Dog and result in the collision between Needles and Looper or thread breaking caused by the scratch between Needles and Looper.

    • 有限会社平野鉄工所