株式会社E.I.エンジニアリング

熱源から発電設備までエネルギーコンサルのプロ集団
メイン画像
熱源設備から発電設備や再生可能エネルギーまで、多様なエネルギー設備の設計・解析・診断を行う。シミュレーション技術を活用し複雑なエネルギー設備の「見える化」や最適なシステム運用などを行う。独自開発したエネルギーシミュレーションソフト「Enepro21」は熱と流量のバランス計算が瞬時にでき、複雑な設備の検討も通常のパソコンで可能。また、過去に調査した6000基以上のエネルギー設備機器のデータを活用しシミュレーションがが可能。創業10年を機にアジアにも注力していく。

製品・技術情報

  • エネルギーシミュレーションソフト Enepro21 ver3

    エネルギーシミュレーションソフト Enepro21 ver3

    【製品説明】
    高い精度と使いやすさを両立したエネルギーシミュレーションソフトの決定版です。エネルギー設備の設計・解析・診断に活用することができます。弊社は、このEnepro21を活用したエネルギーコンサルティングとソフトのライセンス提供を行っています。
    <Enepro21の特長>
    ① 発電系を含む幅広いエネルギー設備を自由に評価することができます。
     ・太陽光発電、太陽熱と熱電システムを一体として評価
     ・未利用エネルギーの活用を自由に評価
     ・エネルギーの面的利用を評価
    ② 実設備の年間運転実績を1~2%の誤差でパソコン上に再現することができます。
     (この正確な現状の再現がシミュレーションのベースとなります。)
    ③ エネルギー関係者の誰もが使える技術ソフトです。
     ・6000基以上の機器性能データを活用して正確・迅速にシミュレーション
     (環境負荷情報、電力料金・ガス料金、全国28か所の気象データ等も整備しています。)
     ・充実のヘルプ機能(画面ごとに詳細な解説を表示)
     ・検討結果をグラフと帳票で表示、比較一覧表作成
    太陽光発電・太陽熱利用への対応(Ver3の 新機能 )
    ① 太陽光パネルは大規模発電のシミュレーションも容易、設置の方位や傾斜角が異なっても検討が可能
    ②ビルの壁面設置(90度)についても簡単シミュレーション
    ③全量売電、余剰売電いずれのケースについても検討が可能
    ④太陽熱利用をソーラージェネリンクで冷熱発生に利用しガス消費量の大幅削減
    ⑤太陽熱をソーラ温水熱交と温水発生機器を組合わせてのエネルギーの活用
    ⑥太陽熱の集熱器はJIS特性にもヨーロッパ規格特性にも対応(式係数入力、実測値入力いずれでも可能)
    
    【知的財産】
    特許第4564594号、米国特許US8396605 B2
    
    
  • Etomas21

    Etomas21

    【製品説明】
    Etomas21の特長
    ①定期報告書・エネルギー管理指定工場報告を規定フォームで作成。
     ・平成27年度報告にも対応。(電気需要平準化時間帯の電気使用量の報告)
     ・9500事業所に対応、全社データを一元化 
     ・事業所のデータを自動集計
    ②中長期計画書を規定フォームで作成
     ・設備更新項目選択によるシミュレーション  
     ・複数計画を立案し年度展開
     ・コスト集計(次期バージョンではコスト自動集計)→中長期計画書に反映
    ③低価格! とてもリーゾナブルなライセンス使用料
     ・事業所数にかかわらず初期導入費用は一律
     ・ライセンス使用によるご提供
    ④独自のデータベースを整備・保有
     ・管理標準DB、省エネ指標DB
     ・過去の消費エネルギーデータの蓄積
     ・電力会社・PPS会社のCO2排出原単位データ、ガス会社のガス発熱量を整備
    ⑤安心のシステム
     ・自社内で完結のシステム
     ・お客様のIT環境に応じたシステム構築       
     ・法律改正にも柔軟に対応
    ⑥使いやすく、柔軟なシステム
     ・通常のウィンドウズソフトを使う感覚で簡単に操作
     ・自動計測(モニタリング)にも対応   
     ・期の途中での事業者基本情報の変更にも対応
     ・種々のパラメータ(延べ床面積等)を設定してエネルギー使用原単位の検討
    ⑦効果的なコンサルティングとの連携
     ・具体的な計測(見える化)による省エネアクションの提示  
     ・Enepro21との連携で熱源設備の現状分析、省エネ・CO2削減対策の検討
    
    

会社概要

法人番号

3140001024122

法人名

株式会社E.I.エンジニアリング

ホームページ

http://www.eie-e.com/

資本金

4500万円

従業員数

8人

設立年月

2005年3月

本社所在地:国

日本

本社所在地:住所

〒651-0095 兵庫県神戸市中央区旭通2-10-18

業種

広告・調査・情報サービス業

代表者

小川 彰彦   代表取締役社長

代表電話番号

078-222-8250


自由記載

【企業の強み】
【エネルギーコンサルティング】
ビル、工場、病院、地域冷暖房、各種発電設備の検討・提案、及びスマートコミュニティー計画等のコンサルティングビジネスを展開。お客様のご要望に応じて各種シミュレーションを行い、省エネ、省コストを具体的に実現する提案を行います。工場、病院、エネルギー会社様、設計会社様等からの多数のコンサルビジネス実績があります。
【パッケージソフトのライセンス提供】
コンサルで培ったノウハウを結実し、高い精度と使いやすさを両立させたEnepro21をはじめ12のエネルギー関連ソフトを開発しライセンス提供しています。


【事業内容】
当社は独自で開発したエネルギーシミュレーションソフト「Enepro21」を駆使して熱源設備はもとより発電設備や再生可能エネルギーまで多様なエネルギー設備の設計・解析・診断を行うエネルギーコンサルティングのプロフェッショナル企業です。エネルギーシミュレーション技術を活用し複雑なエネルギー設備でもその実態を正確に見える化し、最適なシステム運用や設備更新計画、システム設計を行うことができます。これまでに大型集中熱源プラント(ビル・工場・地域冷暖房など)については68万USRT、発電設備については2750MWの新規設備計画や既設設備改善等のコンサルティング実績をもっております。


【業種】
総合エネルギーコンサルティング

【製品・技術の強み】
エネルギーシミュレーションソフトEnepro21は設備の熱と流量のバランス計算を瞬時に行い、高い精度と使いやすさを両立させ、複雑な設備の検討でも通常レベルのパソコンで快適に使うことができます。また、Enepro21のユーザー様は弊社が整備したエネルギー設備機器6000基以上の機器性能データを活用しシミュレーションに専念することができます。また、建物の熱負荷を算出できるEstel21、パッケージエアコンのエネルギー検討を行うEnepro21 MultiなどEnepro21との連携ソフトの充実も大きな強みです。

【代表者メッセージ】
創立10周年を迎え新たな節目のスタートとなり、Enepro21の海外、特に東南アジア等での活用・展開を計画しております。これらの地域では今後ますますエネルギーのインフラ整備が進むことが予想され、高層ビル、大型ショッピングセンター、日系企業の工場及び工業団地のインフラ整備等における計画段階でのエネルギーシミュレーションの需要も高まります。国内においては、これまでご協力させて頂いたエネルギー会社様、設計会社様はもとより、新たなパートナー様とタッグを組み、“エコ型社会”の創造へのチャレンジを進めて参りたいと思います。

【販路開拓・海外展開に向けた社内体制】
東京に東京事務所を設置し首都圏エリアにおける営業窓口としています。販路開拓のために、商事会社、シンクタンク等との連携を進めております。また、エネルギーシミュレーションソフトENEPRO21の英語版の製作に着手しています。

【シェア・ランク】
複雑なエネルギー設備の設計や診断、運用改善検討や設備更新、リニューアル計画などを正確・迅速にできるツールは他にはないです。

【表彰・メディア掲載】
【表彰実績】
2013年:第27回空気調和衛生工学会技術振興賞/ 第22回中小企業新技術新製品賞、2010年:第21回ものづくり部品大賞環境関連部品賞(いずれもENEPRO21 ソフトウエアで初受賞)

【メディア記載】
2014年10月号:財界/ 2011年:財界(関西経済圏特集)/ 2010年日刊工業新聞(ものづくり部品大賞)/ 2009NewsTokyo(都政新聞)

【知的財産】
Enepro21(エネルギーシミュレーションソフト):特許第4564594号/米国特許US8396605 B2 
Estel21(熱負荷作成ソフト) ;特許第5070307

【他主要拠点】
郎京都

【主要取引先:実績(国内)】
・東京ガス株式会社、エネルギーアドバンス、東邦ガス株式会社、株式会社関電エネルギーソリューション、株式会社日本設計、株式会社早稲田環境研究所 等へEnepro21のライセンス供与・エネルギー会社,設計会社、商社、メーカ様等からの熱源設備、発電設備及び地域冷暖房設備の運用改善検討、設備更新のコンサル

【主要取引先:実績(海外)】
・マレーシア イスカンダル地区 工業団地高効率地域冷房導入調査・中国・杭州経済特区インフラサービス供給検討(経済産業省)・タイのデータセンターの空調熱源システム検討・海外発電事業のコージェネ導入検討

英語ページ掲載情報

https://jgoodtech.jp/ja_JP/web/jc0000000001798/eng


類似する企業はこちら

  • 株式会社オカダ電子

    1975年設立のソフトウェアメーカー。受託開発とアプリケーションソフトの開発を2軸に事業展開している。受託事業については、大手企業からの委託で、道路掲示板などの公共設備のシステム・ハードウェアを設計、開発している。アプリケーション開発事業では、タブレットパソコンやiPadなどを使用した「こんな製品があったらいいなあ」と思える製品の開発に取り組んでいる。大手企業との一次取引を約40年継続しており、今後、さらなる業容拡大を目指している。

  • 株式会社ミクロスソフトウエア

    通信・ネットワーク専門のソフトウェア開発企業。デジタル地図・車載機器をはじめ、モバイル関連、情報インフラシステム、公共・社会システムなど向けに、製品を供給している。ハイビジョン映像出力装置、為替・株価情報システムが日本放送協会(NHK)に採用されたほか、カーナビゲーション関連では200件を超える実績がある。海外についても政府開発支援(ODA)の一環として、交通インフラシステム関連の開発に携わった。本社(川崎市高津区)、北海道支社、大阪支社に拠点を置いており、拠点間の連携によるシナジー創出を目指す。

  • 株式会社ヴィンテージ

    ホームページやシステムを開発するWEBシステム事業、ネット通販であるEC事業、社会福祉協議会向けを中心とした福祉ソフトウェアを開発販売している。成年後見事業、日常生活自立支援事業などの業務システムを多数の自治体社会福祉協議会に開発・導入している。現在は福祉事業に近い医療用のソフトウェア開発を行っている。地場自治体、企業のシステム機器導入、web開発等を行っている。また、WEBコンサルティングで 企画段階から運用までトータルにサポートしている。