最終更新日時 : 2017/05/30 18:02:15

  • お気に入りページ登録に失敗しました
  • お気に入りページ解除に失敗しました
  • すでにお気に入り登録済みのページです
  • 栗田アルミ工業株式会社

    アルミ鋳造品で自動車業界向けを中心に展開
    1951年設立のアルミ鋳造品メーカー。自動車業界向けが主力で、アルミ合金ダイカスト、グラビティ鋳造、砂型鋳造を専門に製品を製造、販売している。強度、耐圧性、精度を要求される自動車エンジン、トランスミッション部品に実績がある。富士重工業、日産工機、ユニバンスとの取引実績がある。鋳造から熱処理、含浸処理、機械加工(マシニングセンター、旋盤、フライス盤、タッピング盤)まで社内で一貫して生産できる体制を敷いており、さまざまな顧客要望に対応、業容を拡大してきた。

    会社概要

    法人番号

    2050001009364

    法人名

    栗田アルミ工業株式会社

    ホームページ

    http://www.kurita-al.co.jp/

    資本金

    5000万円

    従業員数

    240人

    設立年月

    1951年

    本社所在地:国

    日本

    本社所在地:住所

    〒300-0015 茨城県土浦市北神立町4-5

    業種

    輸送用機械器具製造業

    代表者

    栗田 壮浩   代表取締役社長

    代表電話番号

    029-831-0534

    自由記載

    【企業の強み】
    自動車メーカーとしての1次メーカーとして実績を持ち一貫生産メリットを活かした、納期の短縮、コスト削減、バラつきのない生産条件の管理と品質管理に力を入れてます。
    
    【事業内容】
    アルミ鋳造(ダイカスト/グラビティー/サンドキャスト)から熱処理、含浸処理、機械加工(マシニングセンター、旋盤、フライス盤、タッピング盤)までの一貫生産体制でお客様のご要望にお応えしております。
    
    【業種】
    製造業
    
    【製品・技術の強み】
    アルミ自動車部品を始めとした幅広い分野でのアルミ合金ダイカスト、グラビティ鋳造、砂型鋳造を専門に手掛けております。特に強度、耐圧性、精度を要求される自動車エンジン、トランスミッション部品を得意としております。
    
    【代表者メッセージ】
    私たちは、ものづくりの原点である「元気・やる気・根気」の社是を合い言葉に、製造現場のダントツ生産性、品質、技術の向上に常に取り組んでおります。これは「社員全員が担当業務のマイスター(人財)」となることで、他社に負けない圧倒的な競争力を持つことを目指しております。
    
    【販路開拓・海外展開に向けた社内体制】
    問い合わせの窓口として営業部、技術的な相談には技術開発部が対応し、必要に応じて直接出向いて問題の解決を図ります。海外展開に関しては現在は考えておりません。
    
    【表彰・メディア掲載】
    【表彰実績】
    平成24年度「ダイバーシティ経営企業100選」
    
    【メディア記載】
    
    
    【証明・許認可】
    ISO9001品質マネジメント2008年度版、ISO14001環境マネジメント2004年度版
    
    【主要取引先:実績(国内)】
    富士重工業㈱、日産工機㈱、㈱ユニバンス
    
    

    この企業は支援機関から推薦されています

    中小機構 関東本部

    英語ページ掲載情報

    https://jgoodtech.jp/ja_JP/web/jc0000000004865/eng

    英語ページ掲載情報

    類似する企業はこちら

    • 株式会社甲徳マシン

      自動車の単体部品を主力とし、二輪・建機・農機・工作機械・汎用などの部品を製造するプレス加工業。最大UL600tプレスを保有し、板厚10mmまでの加工など厚板加工が強み。また、肉薄のワッシャー(内径ギア)の公差を熱処理後、0.025公差で管理する実績も有する。

    • 株式会社ヒロミツ製作所

      試作鈑金を事業とし、特に自動車の試作車、開発部品を製造する。メーカー、ティア1(一次下請け)から提供されるデータを元に、CAD/CAM、型製作、プレス、3次元レーザー加工、組み付け治具製作、アッセンブリ、測定と外注に頼ることなく社内で一貫対応し、スピーディーなモノづくりが行える。6年前にタイに法人を作り工場を稼動。試作開発的な仕事はまだ少ないが、現地での開発が進めば、大きなチャンスになると期待している。現在、インド企業と共同出資会社の設立も進めている。

    • 株式会社湯原製作所