最終更新日時 : 2017/02/10 14:28:22

  • お気に入りページ登録に失敗しました
  • お気に入りページ解除に失敗しました
  • すでにお気に入り登録済みのページです
  • ナンジャ・カリヤ・プルカサ

    自動車部品、重機部品企業とのとの連携を模索している。日本企業と輸出入に関するネットワークを構築したい。プレス機の購入を検討している。
    メイン画像
    -

    会社概要

    法人名

    ナンジャ・カリヤ・プルカサ

    ホームページ

    http://www.nandya-karya-perkasa.com/

    資本金

    1億5,000万円 4,000,000 USD

    従業員数

    450

    本社所在地:国

    インドネシア

    本社所在地:住所

    JL. KH, UMAR KAMPUNG RAWA ILAT RT 003 RW 09 DESA DAYEUH CILEUNGSI BOGOR INDONESIA 16820

    業種

    自動車、トレーラ及びセミトレーラ製造業

    年間売上高

    2012: 13億5,000万円 12,500,000 USD

    代表者

    ハディ・ユディアンシャー   取締役

    自由記載

    【企業の強み】
    自動車のスペア部品
    
    
    【事業内容】
    自動車部品製造
    
    【製品・技術の強み】
    金属スタンピング加工、バッテリーボックスカバー、フィン、エアーフィードパイプ、カバープレート (主な拠点:ボゴール)
    
    【用途提案】
    その他,日本企業からの製品購入,合弁会社の設立,共同研究
    
    

    この企業は支援機関から推薦されています

    Ministry of Cooperative and SME(インドネシア協同組合・中小企業省)
    GABUNGAN INDUSTRI ALAT - ALAT MOBIL & MOTOR (GIAMM) / インドネシア自動車部品工業会

    英語ページ掲載情報

    https://jgoodtech.jp/ja_JP/web/jc0000000004718/eng

    英語ページ掲載情報

    類似する企業はこちら

    • 有限会社角野製作所

      難削材料、チタン・インコネルの切削加工を基本とする。航空・宇宙部品では、5軸複合加工機による、ボーイング社のB-787や、H2ロケット部品の加工などを製造。自動車部品では、ドイツ車のディーゼルエンジンの耐熱合金部品の量産加工をしている。自社設計による専用機械で24時間稼働を実現。また、航空機加工技術を生かした小水力発電装置「ピカピカ」を開発、アジアなど無電化地帯に明かりを届けようと活動を開始した。

    • 株式会社榛葉鉄工所

      排気系部品、パイプ部品、プレス部品、溶接などを中心に試作設計から量産品まで対応している。 単品部品から完成品までを生産し、業種を問わず、パイプ、プレス、板金、溶接であれば、どのようなものでも製作が可能。 加工鋼材は、チタン、アルミ、マグネシウム、ステンレス、鉄など数多にあり、中でもチタン製マフラー生産については、他では見られないロボット量産ラインを用いて、年間10万本超える生産実績を有している。 加工技術は、二輪・四輪の分野に限らず、医療用器具やスポーツ用の車いすなど、様々な分野に応用可能である。

    • イズミ工業株式会社

      車用ドアバイザーを中心とした、アクリル・ポリカーボネートなどの樹脂成型・加工。主力工場としてタイ・アユタヤに製造拠点を設け、射出成型品の大半をタイ工場で製造。開発・品質のコントロールは日本で行い、日本側がサポートすることにより、日本・タイ同一品質を確保しつつコスト競争力も同時に満足する製品を提供することが可。樹脂成型・加工業でありながら、自社に開発・品質保証部門を持ち、開発段階から参画し、顧客の様々な課題解決や提案など、樹脂成型に関する総合的なコンサルティングが可能。