最終更新日時 : 2017/08/10 17:17:39

  • お気に入りページ登録に失敗しました
  • お気に入りページ解除に失敗しました
  • すでにお気に入り登録済みのページです
  • 富士エネルギー株式会社

    高温集熱が可能な真空ガラス管形太陽集熱器を開発
    メイン画像
    太陽熱利用システム向けに、太陽の光エネルギーを熱エネルギーに変えて熱媒に伝える太陽集熱器の製造している。独自開発の真空ガラス管形太陽集熱器「Fuji ヒートP・SOLAR FSP-2100」は集熱部に円筒形の真空2重ガラス管を採用して高温集熱を可能にしており、納入実績を伸ばしている。廃食油をボイラー燃料の一部として利用できるようにする廃食油清浄・燃料化装置「Fuji Oilエコチェンジャー」の製販も手がける。鹿児島商工会議所の産業経済賞大賞を受けるなどの表彰実績あり。

    製品・技術情報

    • 真空ガラス管形(ヒートパイプ形)太陽集熱器 Fuji ヒートP・SOLAR FSP-2100

      真空ガラス管形(ヒートパイプ形)太陽集熱器 Fuji ヒートP・SOLAR FSP-2100

      【製品説明】 当社が製造する真空ガラス管形(ヒートパイプ形)太陽集熱器は、集熱部を二重ガラス管とし、2本のガラス管の間を真空にして断熱性と保温性を高めています。空焚き時に集熱部は約250℃にも達し、集熱部で集めた太陽熱をヒートパイプでヘッダー管に伝えることでヘッダー管を流れる水を加熱する方式ですので高温集熱が可能です。また、ガラス管内に給水しないため、従来発生していたトラブルを解決するなど、オリジナリティーにあふれている製品です。 【主要保有施設・機器】 ヒートパイプ製造装置、太陽集熱器、集熱性能試験装置

    • 廃油清浄・燃料化装置 Fuji Oil エコチェンジャー

      廃油清浄・燃料化装置 Fuji Oil エコチェンジャー

      【製品説明】 廃食油を当社の廃油清浄・燃料化装置を利用することで、廃食油中のゴミや水分・スラッジを取り除き清浄油にした後、ボイラー燃料の一部として利用します。薬剤等は一切使用しませんので廃食油の処理コストが1円/Lと低く抑えられるのが特徴です。A重油などのボイラー燃料と混合し利用することでボイラー燃料のコスト削減に貢献できます。 【認定・認可】 平成18年度九州ニュービジネス大賞 審査員特別賞 受賞

    会社概要

    法人番号

    8340001003712

    法人名

    富士エネルギー株式会社

    ホームページ

    http://www.fujiene.com

    資本金

    1000万円

    設立年月

    1999年

    本社所在地:国

    日本

    本社所在地:住所

    〒892-0833 鹿児島県鹿児島市松原町13-21富士ビル

    生産拠点(工場)

    富士エネルギー 日置工場

    代表者

    亘 元明   代表取締役

    代表電話番号

    099-226-6723

    代表FAX番号

    099-222-3244

    検索用キーワード

    ミラー 二次廃棄物 冷媒 太陽集熱器 廃油 洗浄 熱交換 燃料化

    自由記載

    【企業の強み】
    自社製品を用いた業務用に特化した太陽熱利用システムの構築や廃食油清浄・燃料化装置の構築が可能です。創業以来30年、さまざまな環境関連機器に携わってきた弊社だからできるお客様のご要望に合わせたさまざまな再生可能エネルギーや省エネルギー機器の導入ご提案をさせていただきます。また、真空ガラス管形(ヒートパイプ形)太陽集熱器「Fuji ヒート P・SOLAR」においては、国内最大規模の施工実績や全国に導入実績があり、建築デザインに応じた特別仕様の太陽集熱器の製作にも対応致します。
    
    【事業内容】
    創業以来30年、「エネルギーの有効利用を!!」「地球に優しく!!」をテーマに、環境関連機器の製造販売・開発を行っております。自社製品としては第14回新エネ大賞を受賞した真空ガラス管形(ヒートパイプ形)太陽集熱器「Fuji ヒートP・SOLAR FSP-2100」や廃食油清浄燃料化装置「Fuji Oilエコチェンジャー」があります。また、太陽熱利用システムの構築や太陽光発電システムの構築などさまざまな再生可能エネルギー機器の導入提案・設計等もおこなっております。
    
    【業種】
    製造業(太陽集熱器、廃油燃料化装置)
    
    【製品・技術の強み】
    【真空ガラス管形(ヒートパイプ形)太陽集熱器「Fuji ヒートP・SOLAR」】
    集熱部に円筒形の真空2重ガラス管を採用しており、集熱部に水等が入らない構造からメンテナンス性に優れ、高温集熱が可能な真空ガラス管形(ヒートパイプ形)太陽集熱器です。ワイドスパン型の太陽集熱器など、建築デザインに対応した特別仕様の太陽集熱器の製作が可能です。
    
    【廃食油清浄燃料化装置「Fuji Oilエコチェンジャー」】
    食品工場などで出た廃食油を清浄油とし、混合燃料として利用することで、熱エネルギーコストの削減とそれに伴うCO2排出量の削減が可能です。BDF燃料のように薬剤等を使わないため、ランニングコストが抑えられ、処理能力に応じて自由設計が可能です。
    
    【代表者メッセージ】
    地球に降り注ぐ太陽エネルギーの約30分間分が、世界の年間エネルギー需要量に相当するといわれています。これは太陽エネルギーが膨大な量であることを示しており、またそれは半永久的に供給されるものです。今後、さらに技術力を磨き、この無尽蔵ともいえる太陽エネルギーをより効率よく利用できるよう日々努力することで、熱エネルギーコストの削減と地球温暖化防止に貢献してまいります。
    
    【販路開拓・海外展開に向けた社内体制】
    業務グループ内に新規取引先対応担当を配置し、大手企業からの問合せの窓口とします。技術的な相談は技術部が対応し、必要に応じて直接出向くことで問題を解決します。
    
    【表彰・メディア掲載】
    【表彰実績】
    ・第14回 新エネ大賞 新エネルギー財団会長賞 (優秀製品部門)受賞
    ・平成18年度九州ニュービジネス大賞 審査員特別賞 受賞
    ・がんばる中小企業・小規模事業者300社 受賞
    ・第17回 鹿児島商工会議所 産業経済賞 大賞 受賞
    
    【メディア記載】
    ・MBC ふるさとかごしま「活躍する立地企業」(2011年10月1日放映)
    ・南日本新聞  「次世代エネ考~鹿児島・九州の現場から~」(2012年9月28日)
    ・J-NET21 「エネルギー新時代」(2013年1月10日)他
    
    【共同研究・開発実績】
    ・NEDO技術開発機構 新エネルギーベンチャー技術革新事業 「動物性固形油脂燃料化装置の技術開発」
    ・平成21年度 低炭素社会に向けた技術発掘・社会システム実証モデル事業 「低炭素社会を先導する地域からの農業用バイオ燃料精製とシステム化に関する研究開発」
    
    【工場(国内)】
    富士エネルギー(株) 日置工場
    
    【取引形態】
    製品・材料販売・共同開発
    
    【取引条件】
    弊社条件による
    
    【展示会出展情報】
    先端技術館@TEPIA 2013/ エコプロダクツ2013/ 中小企業総合展2012/ PVエキスポ2012/ 先端技術館@TEPIA 2012/ 産業交流展2010/ ENEX2010他
    
    

    この企業は支援機関から推薦されています

    中小機構 九州本部

    英語ページ掲載情報

    https://jgoodtech.jp/ja_JP/web/jc0000000004416/eng

    英語ページ掲載情報

    類似する企業はこちら

    類似する企業はありませんでした。