法人情報

お気に入りページ登録に失敗しました
お気に入りページ解除に失敗しました
すでにお気に入り登録済みのページです
自社はお気に入り登録できません

最終更新日時: 2018/04/10 11:51:41
法人番号:1050001017442

つくばテクノロジー株式会社

産総研発、最先端技術の非破壊検査装置メーカー

産業技術総合研究所の超音波研究者が、2005年に所内で起業した非破壊検査装置メーカー。産総研などの研究者や技術者との繋がりを活かして、最先端の技術を活用した製品を開発している。2007年には産総研技術移転ベンチャーの認定を取得して、レーザー可視化検査装置を製品化。その後も小型X線検査装置、放射線検出装置、Cスキャン装置など、常に研究開発を続けている。また、産学官連携のプロジェクトにも多く関わり、今後は海外展開にも意欲的。

お問い合わせ

その他のアピール

【企業の強み】
独立行政法人産業技術総合研究所(産総研)の超音波の研究者が企業した会社であり、高度な技術を応用した製品を開発してきました。現在も、産総研及び関連の研究者や技術者との繋がりが多く、最先端の技術を活用して製品開発ができる企業です。

【事業内容】
1. レーザー超音波可視化検査装置の開発・製造・販売
2. 小型X線検査装置の開発・製造・販売

【業種】
電気機械器具製造業

【製品・技術の強み】
・「レーザー超音波可視化検査装置」は、超音波の発生源となるパルスレーザーをスキャンすることにより、超音波が部材を伝わる様子を動画映像として、その場で観察し、欠陥を検出することができます。この超音波を動画映像として可視化する技術が強みです。
・「小型X線検査装置」は、従来のX線装置で必要だった予熱を電界放射を使うことで不要にし、起動すればすぐにX線を発生できる検査装置です。利便性が高くポータブル型であることがこの装置の特徴です。

【代表者メッセージ】
2005年に産業技術総合研究所内で会社を設立。2007年に産総研技術移転ベンチャーの認定を取得して、レーザー可視化検査装置の製品化を開始しました。その後も小型X線検査装置、放射線検出装置、Cスキャン装置を開発するなど、非破壊検査装置メーカとして製品の開発、販売を行いながら、産学官連携のプロジェクトにも多く関わり、常に研究開発を続ける技術者集団の企業です。今後も更に技術力を高め、企業や研究機関での検査はもちろんの事、社会インフラや医療関係にも貢献すると共に、海外への展開を進めてまいります。

【販路開拓・海外展開に向けた社内体制】
2014年より東京都中小企業振興公社のニューマーケット開拓支援及び海外販路開拓支援を申請し、営業部を新設し4名体制で活動中です。

【シェア・ランク】
日本の非破壊検査市場の約 0.1%程度であり、業界ランクはありません。これからです。

【表彰・メディア掲載】
【表彰実績】
[2015年] いばらき産業大賞 奨励賞/ [2014年] 常陽銀行-常陽ビジネスアワード2013 優秀賞/ [2014年] 中小企業基盤整備機構-JVA2014 中小機構理事長賞 / [2012年] 日本非破壊検査協会 優秀解説賞/ [2007年] 可視化情報学会 技術賞/ [2006年] 日本非破壊検査協会 奨励賞

【メディア記載】
航空技術」No.719 201502/ 日経テクノロジー20150120/ 日刊工業新聞20141028/ ほか


【証明・許認可】
産総研技術移転ベンチャー認定 2007年 11月
サポイン採択(平成26年度)「電線欠陥検出用小型自走式X線検査装置の開発」

【共同研究・開発実績】
特願2005-120830超音波伝搬の映像化方法および装置、特願2011-010959X線非破壊検査装置、特願2013-140230医療用小型X線撮影装置、特願2014-102915ポータブル3D表示X線撮影装置

【主要取引先:実績(国内)】
航空宇宙、自動車、原子力発電プラント、鉄工関連企業様へレーザー超音波可視化検査装置を納入、また新規顧客より受託試験を実施。

【主要取引先:実績(海外)】
中国鉄鋼メーカーに納入

この企業は以下の支援機関から推薦されています

中小機構 関東本部
お問い合わせ