法人情報

お気に入りページ登録に失敗しました
お気に入りページ解除に失敗しました
すでにお気に入り登録済みのページです
自社はお気に入り登録できません

最終更新日時: 2020/01/20 13:12:50
法人番号:2190001005267

中山水熱工業株式会社

生産工場の配管工事・設備設置で事業展開

配管工事や機械設備の設置など手がけている。主にメーカー向けに事業展開しており、国内ではホンダとの取引実績がある。電気、計装、制御システム、ソフトウェア、塗装、断熱、建築、土木、清掃など、多様な業務の総合管理にも対応。熱利用、流体輸送、設備管理、設備診断に関するエンジニアリング、コンサルティングにも取り組む。三重大学大学院工学研究科情報工学専攻研究室のほか、名古屋工業大学都市社会工学越島研究室、同橋本研究室との共同研究・開発実績がある。海外展開については、展示会などに積極的に参加し、販路拡大につなげる計画を進めている。

お問い合わせ
メイン画像

その他のアピール

【企業の強み】
工事については低コストで高品質、スピーディな対応サービスが得意です。
機械、電気、計装、ソフトウェア、塗装、断熱、建築、土木な多岐にわたる分野のサービスを一括で提供します。
日本設備管理学会や化学工学会、東海化学工業会などでの活動を通して技術の研鑽、技術者との交流に努めています。熱利用、流体輸送、設備管理、計測や設備診断については世界のトップレベルの技術を提供できます。
日本設備管理学会では東海支部副支部長を務めており(2008~2015年度)、2008年度の学会賞である「ものづくり大賞」を受賞しています。

【事業内容】
建設業で配管工事を中心とする機械設備工事業が主な事業です。
製造業の生産工場における生産技術部門や設備保全部門が主要顧客です。
機械設備工事が主体ですが、電気・計装・制御システム・ソフトウェア・塗装・断熱・建築・土木・清掃など他分野にわたる業務を総合管理しています。
熱利用、流体輸送、設備管理、設備診断などに関するエンジニアリングやコンサルティング業務も行います。
コナンデッセ波形解析判定機を自社開発して販売・サービスを行っています。

【業種】
建設業:管工事業、機械器具設置工事業

【製品・技術の強み】
コナンデッセ波形解析判定機は、大量に同じ動作を繰り返すサイクル波形の記録が簡単かつスピーディにできて、大量のデータをグラフ化して統計処理によってバラツキ度合いを可視化できます。
特許技術である標準偏差を使った上下限波形によって信頼性の高い異常検知ができます。その結果異常が発生する前に予兆を検知することが可能です。大量のデータによるトレーサビリティシステムになり、設備管理と品質管理の標準化に使えます。
インダストリー4.0やIoTにつながる第一段階の導入になり、ブラウザでの操作が基本で簡単に使えることが一番の特徴す。
現在までは、工作機械での自動車関連部品の金属加工での実績が多いですが、正確な繰り返しを要求されるさまざまな分野でお役に立てるものと考えています。

【代表者メッセージ】
国内向けはターゲットを絞り込んだものとして近年大手企業での社内展示会に積極的に出展しており、11月には富士重工での展示会に参加予定です。海外向けは顧客の要望も多いことから来年のハノーバーメッセに出展を計画しています。国内では販売パートナー企業を開拓して実績を上げています。海外の販売パートナーとも協議を開始しています。大手企業の海外展開に貢献できる体制の構築を進めています。

【販路開拓・海外展開に向けた社内体制】
新規取引先には営業開発部長が担当して大手企業からの問い合わせ窓口としています。技術的な相談には開発部長とともに代表者も対応が可能で、必要に応じて現場に直接出向いて問題を解決します。海外に向けては英語での対応が可能な体制を整えています。製品販売については、国内・海外ともに販売パートナーとの連携に注力して現地での技術サービスを強化しています。

【シェア・ランク】
製品販売については市場がまだ小さいので不明

【表彰・メディア掲載】
【表彰実績】
2008年度日本設備管理学会賞「ものづくり大賞」受賞

【メディア記載】
2014年10月2日の中日新聞に三重県北米経済交流ミッションへの参加、2015年5月18日の日刊工業新聞新製品フラッシュにコナンデッセ波形解析判定機

【証明・許認可】
FCC
CE(取り組み中)

【共同研究・開発実績】
2003〜2009年 三重大学大学院工学研究科情報工学専攻研究室と共同研究にてトラブル管理(ノウハウ継承)支援システムを開発しました。
2013年より名古屋工業大学都市社会工学 越島研究室、橋本研究室による技術指導をいただいています。コナンデッセ波形解析判定機は、平成24年度中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金により開発したものです。

【取引形態】
現金取引、海外取引は前受金とする

【取引条件】
支払条件は毎月20日締切、翌月10日現金支払

【主要取引先:実績(国内)】
主要顧客は本田技研工業株式会社鈴鹿製作所およびそのサプライヤーで45年以上の実績があります。コナンデッセ波形解析判定機は、本田技研工業株式会社(鈴鹿製作所ナットランナーのトルク管理用1台、工作機械の異常検知用2台)にて運用中でトヨタ自動車株式会社にて4台が試験運用中です。(2016年1月現在)

【主要取引先:実績(海外)】
海外取引実績はないがインド バンガロールの TOYOTA KIRLOSKAR AUTO APRTS PVT.LTD  にて試験運用中

【展示会出展情報】
2015年11月26日ぎふ・みえ・あいち「新技術・新工法展示商談会 In スバル」に出展

この企業は以下の支援機関から推薦されています

公益財団法人三重県産業支援センター
中小機構 中部本部
お問い合わせ