株式会社ティ・ディ・シー

あらゆる材質・形状にRa1nm以下の面粗さを実現する超精密鏡面加工
メイン画像
鏡面研磨技術の超精密化により、各種の要素において高精度なものづくりを実現する。半導体製造装置や精密機器の研究開発、高精度化に不可欠な技術として、世界12カ国との取引実績をもつ。

アピールポイント1: 超精密な鏡面加工・微細加工 高度な精度入れ

公開情報

(1)

■スペーサー・シム(隙間ゲージ)
TDCのスペーサーは厚みのバラつきが少ないため、より高精度な組み立てが可能となります。
・精密さ:TDCのスペーサー、シムは厚みの公差を±0.5 um、±1umとお客様のご要望に沿って製作いたします。
・低コスト:1枚のご注文から以下価格表の通りお作りいたします。数量アップの場合はさらに低価格となります。
・短納期:TDC標準品であれば最短当日出荷可能です。
・便利:標準品以外の材質、形状もお客様のご要望に合わせて制作いたします。
詳細はこちら→http://mirror-polish.com/spacer/
PDFダウンロード→http://mirror-polish.com/wp-content/themes/2016/img/product/pdf/TDC_Spacer_jp.pdf

(2)

■精密鏡面円筒ロール/シャフト
寸法や形状精度を 維持したまま、ナノレベルの面粗さを実現することが可能です。
対応材質も増えており、ステンレス、ニッケル、ガラス等に加え現在はチタンや純アルミなども加工可能です。
・面粗さ:Ra1 nm, Rz10 nm (SUS304の場合)
・サイズ:外径φ500 mm、長さL=3,000 mm(3メートル)まで対応
詳細はこちら→http://mirror-polish.com/cylinder/
PDFダウンロード→http://mirror-polish.com/wp-content/themes/2016/img/product/pdf/TDC_Cylinder_jp.pdf

(3)

■精密鏡面フォイル(長尺金属箔精密ポリッシング)
面粗さシングルナノレベルの金属箔を100メートルに及ぶ長さで製作することが可能です。
・面粗さ:Ra1 nm, Rz6 nm
・低コスト:長尺状態の精密ポリッシング箔をご利用いただく事により、後工程プロセス簡略化、またそれに伴うコストダウンを実現いたします。
・便利:連続的にポリッシング加工を行うことにより、ご希望の長さで長尺金属箔をご用意させていただきます。
・用途:ロールtoロールでのデバイスプロセス、微細成膜プロセス、その他
詳細はこちら→http://mirror-polish.com/metal-foil/
PDFダウンロード→http://mirror-polish.com/wp-content/themes/2016/img/product/pdf/TDC_Metal-foil_jp.pdf

製品・技術情報

  • 超精密加工(ナノオーダーの超精密)

    超精密加工(ナノオーダーの超精密)

    【製品説明】
    TDCの基盤技術は、超精密鏡面加工です。
    鏡面を作りその精度を上げて行くと平面が出来ます。
    100φのエリアであれば、その平面度は30ナノを実現します。
    一面の平面度が実現できれば、反対面の平面度を作りながら、平行も作ります。
    平行が実現できると寸法のバラツキが無くなり、±100ナノ(0.1μm)の公差内で
    寸法や段差や厚さやピッチなどが作れます。
    平面を傾けて作って行けば、角度を作ることが出来ます。
    このようにTDCの加工技術は、ラップ加工を基盤としていますが、
    それは高い部分を優先的にしかも微細に削る事で、ナノオーダーの超精密を実現します。
    そしてそれは、曲面、球面、円筒面、箔、パイプ内径にも実現します。
    
    
    上記のようにその精度は日々向上し、今ではあらゆる形状、あらゆる材質にナノオーダーの精度を実現いたします。
    
    
    私たちの技術は、おかげさまで自動車、半導体、印刷、光学、MEMS、航空宇宙、医療、電子部品、ナノテクノロジー、その他各分野の国内外の企業、研究機関、大学等、多くのお客様に採用されております。(お取引先数3000社超)
    
    【シェア・ランク】
    高精度領域への加工精度は他の追随を許さないオンリーワン技術です。
    
    【主要保有施設・機器】
    片面ラップ盤90台(Engis、スピードファム、岡本工作機械、ナガセインテグレックス、TDC自社製など)
    両面ラップ盤15台(スピードファム、浜井産業など)
    平面研削盤(ナガセインテグレックス、岡本工作機械、三伸精機)
    その他工作機械(マシニングセンター、フライス盤、旋盤など)
    
    品質管理測定器
    面粗さ・形状< Bruker>AFM Dimension Icon(φ8in対応)
          <テーラーホブソン>タリサーフCCI Sunstar、CCI3000、
    三次元測定機<ミツトヨ>LEGEX9106、Crysta APEX
    真円度測定機<テーラーホブソン>タリロンド365、
    
    など
    詳細は→http://mirror-polish.com/quality/
    					
    
    
    
  • iRoll 超精密鏡面ロール

    iRoll 超精密鏡面ロール

    【製品説明】
    ロール外周鏡面加工技術。
    TDCの超精密研磨の技術によって、寸法精度、真円度を維持したまま、ナノレベルの面粗さを実現します。
    例えば、転写ロールの微細パターン作成前の下地キズにお悩みではありませんか?
    
    ロール・シャフトの外径の鏡面加工。
    面粗さはRa1.5nm〜を実現。
    ワンランク上の鏡面性を実現します!
    
    数量1本から量産まで対応。
    サイズは最大3メートルまで対応可能。
    実績加工サイズ:Φ500x3000mm
    
    【対応材質】
    ステンレス、チタン、アルミ、ガラス、
    各種コーティング面(ニッケルメッキ、クロムメッキ、ハードロムメッキなど)
    その他の材質にも対応いたします。お問い合わせください。
    
    
  • 超精密鏡面加工

    超精密鏡面加工

    【製品説明】
    ◆超精密鏡面加工技術は、TDCの基盤技術です◆
    
    TDC独自の精密研磨技術により、ナノオーダーの面粗さ、サブミクロンの平面度・平行度・角度交差などの高精度幾何公差を実現可能。金属・セラミックス・結晶材料・樹脂など様々な材質に対応。数量1個~量産まで対応しています。
    
    
    【対応材質】
    金属: 鋼材全般・超硬・ステンレス・銅・チタン・アルミ・モリブデン・タングステン・ニッケル・タンタルなど、その他各種
    セラミックス: アルミナ・ジルコニア・サファイヤ・シリコン・炭化珪素・窒化珪素など(溶射などコーティング面の研磨も可能)
    結晶材料:	硝材全般、シリコン、SiC、サファイヤ、GaNなど
    樹脂:	各種エンジニアリングプラスチック、ポリイミド、テフロンなど
    
    【加工精度】
    面粗さ:	
    実績例)
    SUS304:Ra0.6nm、Rz10nm
    ほとんど全ての材質にRa1nm程度の面粗さが実現可能です。
    
    平面度:	
    実績例)
    アルミナセラミックスφ100*5㎜基板 平面度0.1μm
    ステンレスφ100*5㎜基板 平面度0.5μm
    ステンレスφ300*8㎜基板 平面度1μm
    
    平行度:	
    実績例)
    アルミナセラミックスφ100*5㎜基板 平行度0.2μm
    ステンレスφ100*5㎜基板 平面度1μm
    ステンレスφ300*8㎜基板 平面度2μm
    
    寸法精度:	±1μm以下
    
    
    【認定・認可】
    2014年 経済産業省 グローバルニッチトップ企業100選 認定
    
    【主要保有施設・機器】
    片面ラップ盤90台(Engis、スピードファム、岡本工作機械、ナガセインテグレックス、TDC自社製など)
    両面ラップ盤15台(スピードファム、浜井産業など)
    平面研削盤(ナガセインテグレックス、岡本工作機械、三伸精機)
    その他工作機械(マシニングセンター、フライス盤、旋盤など)
    
    品質管理測定器
    面粗さ・形状< Bruker>AFM Dimension Icon(φ8in対応)
          <テーラーホブソン>タリサーフCCI Sunstar、CCI3000、
    三次元測定機<ミツトヨ>LEGEX9106、Crysta APEX
    真円度測定機<テーラーホブソン>タリロンド365、
    
    
    詳細は→http://mirror-polish.com/quality/
    					
    
    
    
  • iFoil 長尺金属箔超精密鏡面加工技術

    iFoil 長尺金属箔超精密鏡面加工技術

    【製品説明】
    金属箔をRa1ナノオーダーの面粗さに超精密鏡面化する、自社開発技術。銅、ステンレス、ニッケルなど様々な材質に対応しております。
    
    【面粗さ】
    Ra1nm, Rz6nm(SUS304)
    
    【長さ】
    最大100メートルまで生産可能
    
    【対応材質】
    SUS304, 真鍮,銅,チタンなど。順次拡大しております。
    
    
    当該製品はMEMS, ナノテク分野で利用されています。
    たとえば、微細構造、グラフェン成長のベース材料として採用実績がございます。また、当該金属箔をエッチング等の後続処理で形成し、微細精密部品の作成が可能です。
    超精密鏡面の長尺での供給により、大量生産への対応が可能となりました。
    
    【知的財産】
    実用新案取得
    
    【主要保有施設・機器】
    自社開発装置。
    繰り出し、研磨、巻き取りを自動化し、100mに及ぶ長尺の金属箔を連続的に超精密研磨することが可能。
    
    
  • TDC スペーサー/シム、ミラーフィットスペーサー

    TDC スペーサー/シム、ミラーフィットスペーサー

    【製品説明】
    高精度アッセンブリのVEとして、TDCではスペーサー、シムの高精度化をご提案しています。サブミクロン精度のスペーサー/シムを活用することによって、がたつきの無い組み立て精度の実現が容易になります。規格サイズ(M2〜M8)の活用によって短納期対応が可能です。またお客様のご要望の厚み・形状をつくるカスタムメードも承っております。						
    
    
    また、TDCでは表面を鏡面仕上げにした「ミラーフィットスペーサー」を開発いたしました。鏡面に仕上げたシムは、接触面剛性の向上により挟み込んで使用する際の変位量が少なく、寸法安定性に優れています。
    
    
    

会社概要

法人番号

8370601000552

法人名

株式会社ティ・ディ・シー

ホームページ

http://mirror-polish.com/

資本金

3000万円

従業員数

60人

設立年月

1989年

本社所在地:国

日本

本社所在地:住所

〒981-0113 宮城県宮城郡利府町飯土井字長者前24-15

業種

一般機械器具製造業

販売拠点

東京、大阪

代表者

赤羽 亮哉   代表取締役

代表電話番号

+81-3-5281-2525

代表FAX番号

+81-3-5281-2526

検索用キーワード

研磨 超精密鏡面加工 鏡面研磨 面粗さ 平面度 円筒研磨 品質 短納期


自由記載

【企業の強み】
【オンリーワンの加工技術】あらゆる材質・形状に超精密な精度を保証し、一点物から量産まで対応しています。
【積極営業】きめ細かな御用聞き・顧客対応により、国内外の顧客から技術開発パートナーとして位置づけられ、信頼関係構築・継続受注を獲得しています。
【海外展開】海外マーケティング強化により、他国では実現不可能な加工について先進各国からの受注獲得。海外取引先数は35件(12カ国)。
国内外から他者にできない難度の高い仕事が集まり、それをクリアすることが更なる技術の向上につながっています。

【事業内容】
超精密鏡面加工をはじめとする精密な機械加工を得意としています。多様な材質に対応し、平面から曲面、金属箔、円筒内外径まであらゆる形状にRa1nm以下の面粗さを実現可能です。超高精度なものづくり技術と品質保証により信頼のものづくりをすることと国内外への積極的な営業活動により、様々な産業の先端技術・研究開発に貢献しています。

【業種】
製造業

【製品・技術の強み】
鏡面研磨技術の超精密化により、各種の要素において高精度なものづくりを可能としています。面粗さ、平面度・平行度、寸法管理、角度管理、などにおいて極限の精度が実現可能です。金属、セラミックス、ガラス、半導体、新素材などあらゆる材質に対応しており、また平面のみならず、曲面・球面にも対応可能です。
これらの加工精度は他社の追随を許しておらず、国内外問わずオンリーワンと言えます。これら技術は半導体製造装置や精密機器の研究開発や高精度化に不可欠な要素技術です。

【代表者メッセージ】
弊社は前身の東北ダイキャスト工業所として創業から60年、みやぎの地でものづくりに励んでまいりました。現在は、超精密鏡面加工、そしてこの技術から派生した超精密領域での各種加工を主力に、各分野の先端技術に関わる仕事をさせて頂いております。お客様からの難しい課題をクリアすることが自社技術の向上につながって参りました。 “『出来ない』を言わない”をモットーに、新しい技術を確立する為、日々精進に努めております。

【販路開拓・海外展開に向けた社内体制】
宮城県の本社・工場では高精度なものづくりと品質管理を徹底しており、また東京・大阪には営業所を設け、お客様へのきめ細やかな営業活動・情報収集を行っています。本社では製造経験豊富な人材を営業サポート役として業務部に配置し連携を図っています。また、英語力堪能な社員が6名在籍し、電話・メールへの対応や顧客訪問・顧客招聘、年間5回以上の海外展示会出展を行っております。国内外を問わず、顧客と直接詳細な技術打ち合わせをすることで信頼関係を構築し、継続受注の獲得に取り組んでいます。


【表彰・メディア掲載】
弊社の詳しい情報は、弊社HPもぜひご参照ください。
http://mirror-polish.com/company/

【表彰実績】
平成13年「七十七ニュービジネス助成金」
平成15年「みやぎものづくり大賞」受賞
平成19年「元気なモノづくり中小企業300社」受賞
平成21年「ものづくり日本大賞優秀賞」「IT経営力大賞優秀賞」受賞
平成23年ニュービジネス協議会「ニッポン新事業創出大賞」受賞 
平成26年経済産業省グローバルニッチトップ企業100選認定
平成28年ナノテク推進協議会 ナノテク大賞 日刊工業新聞社賞受賞

【メディア掲載】
2017年1月16日 日本経済新聞「東北の中小、震災乗り越え世界に挑め」
http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGKKZO11653520T10C17A1ML0000/
2017年1月 「粉体技術」1月号
2016年11月29日 日刊工業新聞「成長企業ちからの源泉」
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00408307/0/9353
2016年11月 「型技術」11月号
2016年8月26日 河北新報「きらりこの技」
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201608/20160826_12005.html
2015年8月15日 日本経済新聞 「独社との販売提携」
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO90551350U5A810C1L01000/



日刊工業新聞 日経ものづくり

【証明・許認可】
平成24年サポイン「東北1207027」
平成25年サポイン「東北1207027-1」計画変更認定

【共同研究・開発実績】
東北大学(細胞治療用デバイスの開発2013年~2015年)、
産業技術総合研究所(ダイヤモンドの超精密研磨加工に関する研究2012年-2013年)

東北大学多元物質科学研究所(SiCの低価格化に貢献する研磨技術の開発2015年~2017年)
東北大学国際集積エレクトロニクス研究センター(2015年~)

【工場(国内)】
第一工場(精密加工対応)、第二工場(大面積加工対応)、UP工場(超精密加工対応) (宮城県)

【他主要拠点】
東京営業所(東京都千代田区)、西日本営業所(大阪府吹田市)

【取引形態】
試作開発受注、共同開発、委託加工、製品・材料販売 等

【展示会出展情報】
弊社の精密加工技術の現物をお近くでご覧いただけるように、たびたび展示会に出展しております。

展示会出展予定に関しては以下のリンク(弊社公式HP)をご参照下さい。
http://mirror-polish.com/category/new/event-exhibition/


英語ページ掲載情報

https://jgoodtech.jp/ja_JP/web/jc0000000004354/eng


類似する企業はこちら

類似する企業はありませんでした。