株式会社ベルニクス

産業用の特注電源製造で実績
メイン画像
顧客仕様の高圧、特注電源に強みがある。医療機器、通信機器、航空機搭載用・鉄道車両搭載用機器、素粒子研究機器など、さまざまな重要分野の産業装置に幅広く採用された実績を持つ。欧米、アジア、豪州の主要国に多くの販売代理店を置き、海外展開に積極的に取り組む。

製品・技術情報

  • 世界的なFPGAメーカーに認められた「BSV」シリーズ

    世界的なFPGAメーカーに認められた「BSV」シリーズ

    【製品説明】
    ベルニクスの製品の中でひときわ高い評価を受けているのが、FPGAやASICなどのLSIに用いられる、低電圧かつ大電流化を実現するPOLコンバータ(非絶縁型DC-DCコンバータ)だ。2004年、ベルニクスのPOLコンバータ「BSV」シリーズが世界的なFPGAメーカーの2社から推奨電源として採用された。消費電流が常に変化するFPGAにおいて負荷が急激に変化した際、素早く電圧を安定させることができる応答速度の速さ、同期整流方式による変換効率の高さ、出力精度の正確さなどが評価された結果だ。携帯電話基地局や計測器、ハイスピードカメラ、内視鏡などの高度な演算処理を必要とする機器には、最先端のFPGAが用いられ、そのための駆動用電源として「BSV」シリーズが採用されている。
    「BSV」シリーズの次世代モデルとなる「BSV-nano」は、同社の名声をさらに高めた製品だ。同製品は「BSV」シリーズの応答速度の速さや効率性を保ちながら、従来面積比でおよそ1/2~1/4の超小型サイズ(11×11×3.2mm)を実現したPOLコンバータ。その発想と技術力の高さが認められ、「BSV-nano」は2011年にアメリカのエレクトロニクス情報誌「EDN」の「EDN 2010 イノベーション・アワード」の電源部門でグランプリを受賞した。同賞は電子機器業界のなかで最も権威ある賞のひとつ。全部門を通じて日本メーカーがグランプリを獲得するのは初めてだ。
    
    
  • 大電流デジタルPOLコンバータ「BDP」シリーズ

    大電流デジタルPOLコンバータ「BDP」シリーズ

    【製品説明】
    ベルニクスのデジタルPOLコンバータ「BDP」シリーズは最先端ASSP用途向けに特化された新製品だ。近年の通信用ASSPは想像もつかない程の大電流が消費されており、その背景にはスマートフォン等の端末を用いた通信手段の増加、大容量データ送受信による通信ネットワーク側でのより速い高速処理が要求されているためだ。また、最先端ASSPではPOLコンバータに対して動作中の出力電圧可変を要求するケースが多い。これらのような要求に対して「BDP」シリーズは、大電流化技術(最大150A)やデジタル技術を導入し製品化に成功している。ベルニクスはこれまでの電源設計で積み上げてきた技術のノウハウと、困難に取り組む姿勢で、デジタル制御分野のリーディングカンパニーを目指す。
    
    
  • 新たな付加価値を提供する高圧電源

    新たな付加価値を提供する高圧電源

    【製品説明】
    ベルニクスの提供する高圧電源は、信頼性やサイズ面によるメリットだけでなく、新たな付加価値を提供し、世界各国で幅広い販売実績を持っている。
    例えば、血液分析などの医療の場面や半導体製造装置の品質管理(画像認識)にはフォトマル(光電子増倍管)が使用されているが、電源ノイズが大きいとフォトマルの検出能力を悪化させてしまう。ベルニクスのOHVシリーズは、これらの市場に対して「低ノイズ5mVp-p」という付加価値を提供し、数多く採用されている。
    また、走査型顕微鏡(SEM)では、電子ビームを被写体に照射し、画像を拡大する際に、高安定度の高圧電源が必要とされる。NHVシリーズは、温度ドリフト±50ppm/℃、経時ドリフト±10ppm/1min.という付加価値を提供し、非常に魅力的な製品としてリリースされている。
    
    
  • 最大効率94%の非接触給電技術の開発に成功

    最大効率94%の非接触給電技術の開発に成功

    【製品説明】
    非接触給電システムの市場規模は、2013年の2億1600万米ドルから、2018年には85億米ドル規模に増大する見込みであり、4年後までに40倍近く成長する市場といわれている。ベルニクスでは、創業以来培ってきた電源技術と豊富な経験や実績を生かして、独自の非接触給電技術を確立している。既に、位置ズレに強い非接触給電構造(コの字型構造)の特許取得や、非接触給電部での最大効率94%の実現に成功しており、電源メーカーのパイオニアとして活躍していることがうかがえる。
    また、最近では2013年3月に「Bellsports」(ベルスポーツ)ブランドで、電動アシスト自転車「ルキナ」を発売し、この電動アシスト自転車のバッテリー充電に対して、非接触給電技術を応用しようとしている。
    ステーションに自転車を固定するだけで充電が開始されるため、従来のバッテリー充電時の煩わしさが解消され、利便性が飛躍的に向上する。
    
    
    
  • 多種多様な要求に応える特注電源

    多種多様な要求に応える特注電源

    【製品説明】
    ベルニクスはこれまでに数多くの特注電源を開発しており、目的や使用環境に最適な電源装置を設計する事が可能だ。この背景には、様々なニーズに対応するための回路技術の蓄積がある。例えば、高効率、低ノイズを実現するためにLLC回路、アクティブクランプ方式、フェイズシフトフルブリッジ回路などの新しい回路方式を導入し続けている。また、これに合わせてデジタル制御技術や遠隔監視技術などを組み合わせ、幅広いソリューション提供を行っている。最近では、直流給電や双方向電源が大手通信メーカーのグリーンBTS(基地局)システムに搭載されており、電力のピークカットや災害時の停電に強い基地局システムに貢献している。
    
    

会社概要

法人番号

3030001007567

法人名

株式会社ベルニクス

ホームページ

http://www.bellnix.co.jp

資本金

2000万円

従業員数

88人

設立年月

1978年

本社所在地:国

日本

本社所在地:住所

〒336-0024 埼玉県さいたま市南区根岸5-7-8

業種

電気機械器具製造業

代表者

鈴木 正太郎   代表取締役社長

代表電話番号

048-864-7733

代表FAX番号

048-861-6402

検索用キーワード

変換器 変換機 小型 高速負荷応答


自由記載

【企業の強み】
常に最先端の技術を開発して他社に先駆けて商品化する技術先行型企業です。特に産業用電源を得意としています。豊富なアプリケーションで原子力、医療、航空機をはじめ多種多様な分野のお客様のニーズにお応えすることができます。広範な分野のお取引先を持つことから、企業業績が特定の業種や製品分野の景況等に大きく左右されることなく、安心してお取引いただけます。

【事業内容】
特注電源、高圧電源、POLコンバータ、FPGA用電源、デジタル回路絶縁型コンバータ等各種電源装置、デバイスの設計から製造までを一貫して行います。お客様の要望を基に、新たな電源装置を開発する開発型企業として、自動車、家電以外の広範な分野のニーズに対応します。欧米、アジア、豪州の主要国に多くの販売代理店を置き、海外展開にも積極的に取り組んでいます。

【業種】
電子部品

【製品・技術の強み】
<標準品>
主力製品の一つである高速応答型のDC-DCコンバータは、FPGAなど最先端の半導体を安定駆動させるのに大変適しており、他社の追随を許さない技術を持っています。この主力製品は、世界的な半導体メーカー(ALTERA社、Xilinx社)から推奨を頂いています。
<特注品>
弊社は、顧客仕様の高圧/特注電源に強く、医療機器、通信機器、航空機搭載用・鉄道車両搭載用機器、素粒子研究機器など、様々な重要分野の産業装置に幅広く採用された実績と豊富な経験を有しており、あらゆるお客様の要求に応えられます。

【代表者メッセージ】
当社は、「夢と創造、そして愛」を社是としています。無限の応用可能性を持つ先端電源技術の力を生かし、チャレンジしようとしているお客様のよきパートナーとして常に新しい分野を切り拓く若きエンジニア集団です。最近ではスモールモビリティの可能性を追求し、手始めに電動アシスト自転車の開発も行いました。海外での事業展開にも更に力を入れ、当社の独創技術による世界への貢献を目指します。

【販路開拓・海外展開に向けた社内体制】
常務取締役が責任者となって一元的に情報管理し、迅速に意思決定する体制をとっています。お問い合わせ等に対しては必ず即日回答を実行し、お取引先等と良好なコミュニケーションが取れるよう努めています。英語が話せる海外担当者数名を配置し、海外企業との商談に万全を期しています。


【シェア・ランク】
POLコンバータ―の国内シェアは約60%、ATC/ATS・超音波診断装置の国内シェアは数十%など、多くの商品で高いシェアを持っています。

【表彰・メディア掲載】
【表彰実績】
イノベーションズアイアワード2012審査員特別賞/ JNBニッポン新事業創出大賞特別賞2012/ 米国EDN2010イノベーションアワード・グランプリ/ 発明大賞発明奨励賞2011/2008年モノ作り300社/ 渋沢栄一ベンチャードリーム賞特別賞2008他

【メディア記載】
Xcellジャーナル2013/2012.9.25TV東京・WBS他(電動アシスト自転車)/ 日経新聞「埼玉のちから」2007/ 米EDN誌2006他

【証明・許認可】
さいたま市テクニカルブランド企業認証2008、ME(医療)規格

【共同研究・開発実績】
電子関係専門誌寄稿、技術セミナー講演多数。電気通信学会での発表など。

【工場(国内)】
第一工場、第二工場(埼玉県)

【他主要拠点】
本社、テクニカルセンター(埼玉県)

【主要取引先:実績(国内)】
上記用途実績に例示したとおり、各分野で超一流、先端的な企業と取引しています。

【主要取引先:実績(海外)】
大手航空メーカーとの取引実績あり(採用)

【展示会出展情報】
電源システム展2013/ TECHNO-FRONTIER 2013/MEDTEC Japan2013/ インターネプコン2012/ 米国MD&M WEST2012/ 中国展示会2013/ 電源システム展2014(予定)

英語ページ掲載情報

https://jgoodtech.jp/ja_JP/web/jc0000000000038/eng


類似する企業はこちら

類似する企業はありませんでした。