関東電子株式会社

独自振動技術でパーツの整列供給を実現
メイン画像
独自の振動技術を駆使し、他社では不可能とされたパーツの整列供給を実現した。タイ、台湾、インドネシアの市場を開拓予定のほか、国内・海外含めた医薬品業界へも展開を予定。

製品・技術情報

  • スプリングフィーダー

    スプリングフィーダー

    【製品説明】
    スプリングフィーダーは、独自の分離整列方式を採用。標準~微小サイズのコイルスプリングを、破損・変形させることなく、整列配給することを可能にした装置です。コイルスプリングの大きさ、腰の強さ等により、二種類の分離機を取り揃えております。一定方向に揃えた整列状態で排出されたコイルスプリングは、そのまま次工程の自動化ラインに載ることができます。従来、人の手で行われていたスプリングコイルの分離と整列の工程が、同社のスプリングフィーダーを利用することにより一台で自動化でき皆さんの憂うつな仕事を解決してくれます。人の手でさえも難しい微小コイルスプリングのからまりをばらし、姿勢を整え1つずつ自動で次の工程に供給します。からみがばれたコイルには破損は生じません。コイルスプリングの大きさ、腰の強さ等により二種類の分離機能を取り揃えております。
    
    【シェア・ランク】
    国内シェア100%
    
    【知的財産】
    日本、中国、米国で特許取得済み
    
    
  • その他パーツフィーダー

    その他パーツフィーダー

    【製品説明】
    独自の低振動方式を採用した振動が小さいボウルフィーダーは、ゴム部品やコネクタなどの微小パーツを高精度で判別できます。また、縦横の寸法差0.2mmほどのパーツの向きや姿勢を揃え、安定したパーツの整列排出を行うことができます。0.1mm単位の精度で小さな差異を選別できるのは、パーツフィーダーの核となる振動体のコイル開発と製作を、すべて自社で行ってことによります。
    この他、直接触れることなく、粉末や液体を攪拌できるミックスフィーダー、コンベア間の隙間に設置して対象物の搬送を行うトランスフィーダーを用意しております。
    
    

会社概要

法人番号

9040001058983

法人名

関東電子株式会社

ホームページ

http://www.kantodenshi.co.jp

資本金

1500万円

従業員数

20人

設立年月

1963年

本社所在地:国

日本

本社所在地:住所

〒297-0144 千葉県長生郡長南町市野々1648

業種

一般機械器具製造業

年間売上高

1億2600万円

代表者

関 忠好   代表取締役

代表電話番号

0475-47-1188

代表FAX番号

0475-47-0480

検索用キーワード

ばねフィーダ 供給機


自由記載

【企業の強み】
独自振動技術を利用した製品開発を行っています。特にパーツフィーダーは他社では不可能とされたパーツの整列供給を中心に営業活動しています。振動技術を元に日々新製品開発を行っており国内・海外への特許取得も進めております。

【事業内容】
各種製造業の自動組立装置・自動検査装置・自動供給装置の開発・設計・製造・販売を一貫して行っています。特にパーツフィーダーに関しては他社と競合しない製品づくりを行っています。

【業種】
電気機械器具製造業

【製品・技術の強み】
パーツフィーダーは独自の振動技術を駆使し他社とは競合しない整列供給が不可能とされたパーツを中心に営業活動しています。特にスプリングフィーダーは特許取得済みにて他社では類を見ないフィーダーです。昨年からはJETRO様のご支援のもと海外販売に力を入れ2012年11月にはタイ・バンコクで開催されました。METALEX2012/ JETROブースに出展し反響を得ました。今年に入ってからはタイ、台湾の顧客も増え海外でも類を見ないスプリングフィーダーを中心に積極的に営業展開の計画です。今年度は新たにインドネシアでの営業も開始する予定です。

【代表者メッセージ】
当社は1963年に創業し電子部品の生産自動装置を多種に亘り開発製造してきました。1995年に先代社長から事業を承継した事を機に電子部品産業界だけでなく自動車産業、トイレタリー産業、食品産業、医療機器産業の様々な特殊自動生産装置を開発し業績を伸ばしてきました。福島原子力発電所放射能汚染問題により輸出関連が停滞しここ二年は業績が低迷しましたがJETRO・中小機構様の協力の元昨年度から海外営業展開を始めました。今年度はタイ、台湾の顧客も増えインドネシアの市場を開拓の予定です。一方、医薬品業界向けの新製品開発もほぼ終え今後は国内・海外含めた医薬品業界への進出を進めたいと考えております。

【販路開拓・海外展開に向けた社内体制】
当初の投資を抑える為タイ国内の顧客様は営業販売窓口をZEFA社と代理店契約を結びました。営業には当社の営業員を同行し営業指導を同時に進めております。台湾の顧客様には弊社営業部が直接対応しております。技術的相談は営業部が直接対応しております。メンテナンス・サービス体制は当初製造技術が直接出向き対応致します。営業実績によっては将来バンコクに営業技術窓口を設置しタイ、ベトナム、インドネシアの対応を行う計画です。

【シェア・ランク】
パーツフィーダー国内15%、海外未定
スプリングフィーダー国内100%、海外未定

【表彰・メディア掲載】
【表彰実績】
千葉ものづくり認定製品第28号(平成19年10月16日) 

【メディア記載】
ニッポン放送「上柳昌彦のおはようGood Day !」(2008年10月17日放送)
NHK-WORLD(2014年4月)


【証明・許認可】
スプリングフィーダーで特許取得

【共同研究・開発実績】
大手企業研究所との開発

【工場(国内)】
本社工場(千葉県)

【他主要拠点】
本社工場(千葉県)

【取引形態】
開発受注

【取引条件】
弊社条件による

【主要取引先:実績(国内)】
日清紡ホールディング(装置受注、2006-現在)、大和製罐(装置受注、1996-現在)、双葉電子工業(装置受注、1963-現在)、電気電子産業・自動車産業・医療機器産業メーカー各社

【主要取引先:実績(海外)】
ディブトロ二クス(装置受注、2013-)、ZEFA社(装置受注、2013-)

【展示会出展情報】
国内:機械要素技術展2010/ 中小企業総合展2013/ T-1グランプリ in ちば2013/ 中小企業総合展2013 
海外:METALEX20122012 in Bangkok、MANUFACTURING INDONESIA20141203 in JAKARTA


英語ページ掲載情報

https://jgoodtech.jp/ja_JP/web/jc0000000000009/eng


類似する企業はこちら

類似する企業はありませんでした。