オオクマ電子株式会社

電子電気機器応用製品を設計から製造、販売
医療関連電子器、電子制御装置、コンピューター制御装置、画像処理装置、パターン設計、基板製作、ソフトウェア設計、ハードウェア設計など、電子電気機器応用製品を設計から製造、販売までを一貫して対応。アナログ、デジタルの回路設計、ソフトウェア開発、画像処理技術に強みを持ち、液晶検査装置(信号発生器)では高いシェアを持つ。世界初の使用済み注射薬自動認識システム「SPASER」を開発し、国内外で注目されている医療関連用電子機器においても高い評価を得ている。

会社概要

法人番号

8330001000636

法人名

オオクマ電子株式会社

ホームページ

http://www.okm.co.jp

資本金

5000万円

従業員数

40人

設立年月

1973年

本社所在地:国

日本

本社所在地:住所

〒861-8037 熊本県熊本市東区長嶺西1-8-104

代表者

大隈 恵治   代表取締役社長

代表電話番号

096-382-8110


自由記載

【企業の強み】
エレクトロニクスやメカトロニクスの製品を中心に、技術の向上、設計の高度化、開発商品の研究・製作を進めています。スピード時代の技術革新の波によって企業が抱える悩みや発展のヒントは多種多彩あり、オオクマ電子はそのニーズにお応えできるよう、多様な分野のスペシャリストによるクリエイティブスタッフが製品作りに携わっています。

【事業内容】
医療関連電子器、電子制御装置、コンピューター制御装置、画像処理装置、パターン設計、基板製作、ソフトウェア設計、ハードウェア設計など、電子電気機器応用製品を設計から製造、販売までを一貫して行っています。

【業種】
電子・電気機器設計・製造

【代表者メッセージ】
時代の要請が著しいスピードで変化するなか、誠実努力明朗をもって信用の蓄積をはかり、社員一人ひとりが経営者である自立型集団をこころがけ、人を求め、人を活かし、人を残すことに力点を置き社会に貢献できる会社を目指しています。Only for oneのものつくりを常に考え実現し、社会のニーズにマッチした製品を出す事、また国内にとどまらず海外においても、単にモノを売るのではなく、ビジネスモデルを構築する事を重要視し販路開拓、海外展開を進めてまいります。

【販路開拓・海外展開に向けた社内体制】
本社(熊本)と東京営業所を置き、京都に子会社を設立し、それぞれに営業担当がおり、新規取引先対応、大手企業や海外企業からの問い合わせの窓口をします。また、技術的な相談には、テクニカルプロダクト部とメディカルシステム部において、設計開発担当、製作担当が応対し、必要に応じて直接出向くことによって問題を解決いたします。新規顧客への対応の指揮は社長が執ることとし、情報の収集・管理を含め、海外の取引先にも誠実に対応いたします。また、カスタマーサポート課を設置しておりご購入の相談、納品、納品後のアフターサービス等に従事します。

【表彰・メディア掲載】
【表彰実績】熊本市ものづくり大賞受賞(平成25年)、熊本県工業大賞 大賞受賞(平成26年度)

【メディア記載】SPASER記事(読売新聞、毎日新聞、西日本新聞、熊本日日新聞)、北九州NHKニュースブリッジ「看護師助ける新装置」、NHKおはよう日本(北九州NHKの全国放送版)

【証明・許認可】
エコアクション21

【知的財産】
注射液用容器の情報読取装置(4268218) 薬包中の薬剤個数計数装置(4652480)

英語ページ掲載情報

https://jgoodtech.jp/ja_JP/web/jc0000000008290/eng


類似する企業はこちら

類似する企業はありませんでした。