大衛株式会社

医療現場ニーズ取り入れ、オンリーワン製品開発
メイン画像
ISO13485のほか医療機器製造販売業・医薬部外品製造販売業等の許可を取得し、医療機器や医療用品の設計開発から製造販売まで一気通貫で対応。医療現場のニーズに沿った研究開発を積極的に行っており、「一人で清潔に着脱できる手術ガウン」「腹腔鏡手術で適用される手術器具を収容するエプロン」など現場の課題解決の一助となるオンリーワン製品を開発。米国の病院・医療機関なども視野に、販路の拡大を狙う。また異業種企業向けOEM製品受託も積極的に取り組む。

製品・技術情報

  • セルフガウン

    セルフガウン

    【製品説明】
    医療現場の人手不足解消に向け、手術室看護師(以下、ナース)、特に間接介助ナースの業務改善を目的に開発した製品である。従来の手術ガウンは、ナースの着脱介助なしでは清潔に着用、安全に脱衣ができなかったが、本製品は一人で清潔に着用できるだけでなく、手術用手袋に付着した血液・体液を飛沫させることなく、一人で安全に脱衣できる手術ガウンである。一人で着脱できることにより、ナースの介助業務が軽減され本来集中して行わなければならないガーゼ等のカウント業務に労働動線を遮断されることなく対応できるため、患者の安全安心な医療の提供に貢献できる。
     経済産業省の「平成26〜27年度戦略的基盤技術高度化支援事業」の支援を得て、大阪大学・トクセン工業株式会社と連携した結果平成29年4月10日に上市しました。
    
    
    【知的財産】
    特許出願中
    中国での意匠登録済み
    
    
    
  • エンドエプロン

    エンドエプロン

    【製品説明】
    医療現場の人手不足解消に向け、手術室看護師(以下、ナース)、特に器械出しナースの業務改善を目的に開発した製品である。本製品は、腹腔鏡手術で頻用される手術器具を収容するエプロンで、従来はドクターとナースの間で行われていた手術器具の受け渡し回数を軽減することにより手術の進行がスムーズになるだけでなく、高額な手術器具の落下による汚損事故軽減にも貢献できる。
    中小企業庁の「平成24年度補正ものづくり試作開発等支援補助金」の支援を得て、大阪大学・株式会社工販と連携し平成26年9月に上市を行った。
    
    
    【知的財産】
    特許出願中
    日本と中国で意匠登録中
    
    

会社概要

法人番号

8120001007891

法人名

大衛株式会社

ホームページ

http://www.amethyst.co.jp

資本金

5196万円

従業員数

220人

設立年月

1951年

本社所在地:国

日本

本社所在地:住所

〒534-0021 大阪府大阪市都島区都島本通2−2−16

業種

衣服・その他の繊維製品製造業

代表者

加藤 光司   代表取締役社長

代表電話番号

06−6924-0495


自由記載

【企業の強み】
ISO13485・医療機器製造販売業・医薬部外品製造販売業等を取得。近年は、大学や異業種企業様とマッチングし、現場ニーズに沿った研究開発を積極的に行い、「こんなものがあればいいなあ」を目標に新しい製品の創出を行っています。例えば、「一人で清潔に着脱できる手術ガウン」や「腹腔鏡手術で頻用される手術器具を収容するエプロン」を開発し、医療現場の人手不足解消の一助となり喜ばれています。また、大手繊維メーカーの加工生地を使って自社で縫製したベビー服等は、日本アトピー協会の推奨を頂き販売しています。

【事業内容】
医療現場で使用されるガーゼ・脱脂綿をはじめとする衛生材料、お産現場で使用されるオサンパット・清浄綿をはじめとする分娩処置材料や育児用品、手術現場で使用される手術ガウン・ドレープをはじめとする不織布製品とそれらをアッセンブリーしたキット製品、感染対策現場で使用されるディスポシーツ・ウエアをはじめとする感染対策用品、一般市場で使用されるマスク・綿棒等を製造し、全国の医療機関やドラッグストアに販売しています。また、自社製品だけでなく、多数の企業様向けOEM製品の製造受託や滅菌受託にも力を入れています。

【業種】
繊維製衛生材料製造業

【製品・技術の強み】
引き続き、滅菌技術や不織布加工技術・縫製技術を活かし、医療現場のニーズに沿った喜んで頂けるオンリーワン製品造りを目指していきます。特に、感染対策や医療機器開発に注力し、安全安心な医療の提供に繋がる製品造りを目標に、医療・介護ロボットのカバー類の開発にも取り組んでいきます。また、米国はじめ海外進出にも積極的に取り組み、新たな市場開拓を目指していきます。現状、海外とのパイプが構築できていないため、各企業様とのマッチングも推進していきます。

【代表者メッセージ】
医療機器や医療用品の設計開発から、製造販売まで一気通貫で対応させて頂けます。今回、応募させて頂くジェグテック様のネットワークを利用し、関連企業様と良い出会いが出来ればと期待しています。創業時より70年近く医療現場一筋で取り組んで参りました。これからも、弊社の技術(設計開発、品質管理、滅菌対応等)を使って自社製品の開発はもとより、異業種企業様のOEM製品受託も積極的に進めています。

【販路開拓・海外展開に向けた社内体制】
米国への展開に向け、準備している段階です。マーケットは、病院をはじめとする医療機関になります。輸出したい製品は、2017年4月に発売したセルフガウン(一人で清潔に着脱できる高機能滅菌手術ガウン)と、既に上市済みのエンドエプロン(腹腔鏡手術器具収容バッグ)です。それぞれ不織布加工技術を駆使したオリジナル製品です。ただ、現状は独自の販売ルートがないため、取り扱って頂ける企業様を探しているところです。米国への特許も出願済みです。

【表彰・メディア掲載】
エンドエプロン:MEDTEC2015イノベーション大賞入賞、日本医療衛生新聞(2014.11.25)、日刊工業新聞(2014.12.09)、医療機器学(85-04)
セルフガウン:日経新聞(2017.3.14)、産経新聞WESTWEB版(2017.3.14)、読売新聞(2017.3.15)、TV東京ワールドビジネスサテライト内、トレンドたまごで放映(2017.4.3)他

【証明・許認可】
ISO13485認証取得、医療機器製造販売業・医薬部外品製造販売業・化粧品製造販売業・医療機器製造業・医薬部外品製造業・化粧品製造業・医療機器販売業・医薬部外品販売業・化粧品販売業等の許可取得

【共同研究・開発実績】
大阪大学との共同開発で、2015年9月に「エンドエプロン」を上市。
大阪大学との共同開発で、2017年4月に「セルフガウン」を上市。


【知的財産】
特許登録:10件、出願中:3件
意匠登録:7件(うち2件は海外意匠)
商標:33件

【主要取引先:実績(国内)】
メディセオ(病医院への衛生材料・産婦人科用品等の納入窓口)、アルフレッサ(病医院への衛生材料・産婦人科用品等の納入窓口)、スズケン(病医院への衛生材料・産婦人科用品等の納入窓口)、他、伊藤忠・三菱商事系の物品管理企業3社に納入しています。

【主要取引先:実績(海外)】
香港のWEB販売企業に、産婦人科用品を主に納入しています。


類似する企業はこちら

類似する企業はありませんでした。