株式会社ヨコタコーポレーション

検査機・FA設備の設計製作、精密部品加工
メイン画像
産業用機械の設計製作の機械部とベアリング旋削加工を主とした精密加工部の両事業が柱。機械部では自動車部品、電気製品、OA機器など、あらゆる分野で自動化を提案している。各種産業用機械(検査機、組立機など)の設計製造で培った技術力を生かし、カラー分析技術で自動尿検査機、制御技術ではLEDを活用した腕の血管位置検出器を開発した。現在は徳島大学と共同で光を利用した検査技術を開発している。

アピールポイント1: 内径検査装置『FLAT VIEW』

公開情報

(1)

ベアリング形状のワークの内径部分を、非破壊、非接触で検査します。

(2)

徳島大学と共同研究を行った技術により、従来の検査方法より早く、また安価な装置構成でのご提案を致します。

(3)

目視が困難な部位の検査をご提案致します。無料でのサンプルテストを行っておりますので、是非ご活用ください。

製品・技術情報

  • 産業用機械の設計・製作

    産業用機械の設計・製作

    【製品説明】
    当社が得意としている各種自動設備(組立機、搬送機械)、検査機(キズ検査機、寸法検査機)などの機械を手がけ、年間100台程の機械設備受注を頂いています。また機械設計制作の品質向上の為に技能試験取得にも力を入れています。現在1級技能士15名、2級技能士10名です。
    
    【認定・認可】
    エコアクション21取得
    ・共同研究、開発実績=徳島県立工業技術センター、徳島大学
    
    【主要保有施設・機器】
    マシニングセンター:2台 フライス盤:3台 平面研削盤:1台 円筒研削盤:1台
    3次元測定器:1台
    2次元CAD:5台、3次元CAD:2台
    電気設計CAD:2台
    
    
    
  • ベアリングレース・自動車部品の旋削加工

    ベアリングレース・自動車部品の旋削加工

    【製品説明】
    当社はベアリング旋削加工で培った技術を応用し、自動車および工作機器部品の難旋削加工に自信があります。シングルボールベアリングをはじめとした幅広いベアリングの旋削加工を中心に、自動車・工作機械部品の旋削加工に取り組んでおり、精度の優れた安価な製品をタイムリーに供給いたします。単能機を用いた大量生産品とNC機を用いた多品種小ロット品への対応の両立を目指しています。当社が対応している加工の詳細は次の通り:
    ・ベアリング対応サイズ
    外径:24~100mm
    主要ベアリング型番:6201、6202など(自動車部品等、その他旋削品についてはご相談に応じて対応いたします)
    ・対応加工=旋削、切欠き、N溝、冷間ローリング加工、外径段付け加工、ピン穴加工、ボール穴加工ほか
    ・対応素材=SUJ2、ステンレスほか
    ・生産能力(月産)=川島工場800,000ピース、市場工場 7,000,000セット
    ・過去の旋削実績=ラジアルシングルボールベアリング旋削、アンギュラベアリング旋削、シリンドリカルローラーベアリング旋削
    偏心ベアリング旋削、自動車部品ほか
    
    【主要保有施設・機器】
    単能機 280台、NC機40台、研磨機20台、CRF3台、ブローチ1台、マシニング1台
    
    

会社概要

法人番号

4480001004568

法人名

株式会社ヨコタコーポレーション

ホームページ

http://www.yokota-inc.com/index.html

資本金

72,600,000 JPY (円)

従業員数

230名 (うち常用雇用者数: 160名)

設立年月

1960年04月

本社所在地:国

日本

本社所在地:住所

〒779-3306 徳島県吉野川市川島町学字辻4-2

業種

一般機械器具製造業

年間売上高

4,500,000,000 JPY (円)

活用している支援機関

JETRO様

代表者

横田 賢二   代表取締役

代表電話番号

0883252121

代表FAX番号

0883254549


自由記載

【企業の強み】
弊社の事業の柱は二つあります。主に自動車部品関係の組立・検査機の設計・製造を行う機械部と、ベアリング旋削加工を主とした精密加工部です。機械部では、お客さまのニーズに合わせた自動機を国内外を問わず多数手掛けて参りました。1級技能士15名、2級技能士10名と技術力を磨き、徳島大学との産学連携にも力を入れています。自社の精密加工部への生産改善の経験を活かし、現場の細かいニーズを拾うことに強みがあります。精密加工部では生産スピードと品質を両立させ、シングルボールベアリングの旋削では月産約7百万セットと国内有数の生産力があります。特に品質面ではQC活動を33年間継続して実施し、人材育成に力を入れています。設備面では単能機280台、NC機40台、冷間転造機3台等を保持し、量産品と難切削品の加工を両立しています。

【事業内容】
【機械部】
自動車部品をはじめ、電気製品、OA機器など、あらゆる分野で自動化をご提案しています。近年は医療機器の製造販売許可を取得する等、新分野への挑戦を続けています。
【精密加工部】
1960年の創業以来、シングルボールベアリングをはじめとした幅広いベアリングの旋削や自動車部品、工作機械部品の旋削加工を行っています。
【その他】
徳島県内を中心にリユースストアを8店舗、ホームセンターを1店舗出店しています。

【業種】
FA設備の設計製作、精密部品加工

【製品・技術の強み】
機械部では自動化設備について、既に大手部品メーカーの国内外の工場に導入されている実績があります。各種自動車部品の組立、検査、部品加工等の設備について、設計から加工、組立、電気制御まで一括して対応します。特にキズ検査、割れ検査、刻印検査等の検査関連機器に注力しています。精密加工部は冷間転造技術なども合わせて、近年加速する多品種小ロットの受注対応と、大量生産品のコスト削減を両軸とし、お客さまのニーズに即した旋削を行っています。

【代表者メッセージ】
私たちは、企業の存在価値(ビジョン)として、「地域社会に貢献」できる企業になる、「にんげんいきいき」のひとづくりを掲げています。中長期経営戦略では、今後の国内・海外の営業戦略(販路開拓)の推進を図っています。具体例では、総合企画室を設け既存の製品・技術の発信に努めています。一方海外展開は、調査・企画の段階で具体化には至っていませんが、技術提携などの海外戦略も構想しています。

【販路開拓・海外展開に向けた社内体制】
品質保証課、生産技術課、生産管理課、医療器械課等、各事業課を設置し、取引体制を築いています。2015年度に新たに総合企画室を新設し、海外展開についてのプロジェクトチームを編成。案件に応じたメンバーを選任し対応する予定です。

【シェア・ランク】
シングルボールベアリングの旋削加工では、月産能力7百万セットと国内有数の生産力を保持しています。

【表彰・メディア掲載】
【表彰実績】
科学技術庁長官賞
中小企業優秀 新技術・新製品賞 『奨励賞』
四国地域産業事業推進貢献企業等表彰
技能尊重モデル工場 等

【メディア記載】
四国放送、日本経済新聞(医療機械分野に進出2001年)、日刊工業新聞 等々

【証明・許認可】
ISO9001
エコアクション21
医療機器製造業許可
医療機器製造販売業許可
徳島県企業BCP認定企業
徳島県はぐくみ支援企業
とくしま協働の森づくり事業協定企業 等


【共同研究・開発実績】
徳島大学(自動尿検査機、腕の血管位置検出器)
徳島県立工業技術センター(三次元人体形状測定器、研磨鉄屑の高付加価値化)

【知的財産】
『尿の自動検査装置』第3232286号 他

【工場(国内)】
川島工場、市場工場、機械工場

【他主要拠点】
川島本社、鴨島オフィス

【主要取引先:実績(国内)】
株式会社ジェイテクト様 - FA設備・軸受旋削品 、光洋シーリングテクノ株式会社様 - 自動車部品加工、    光洋機械工業株式会社様 - FA設備、株式会社不二越様 - 軸受旋削品 等

【主要取引先:実績(海外)】
直接取引 - 旋削機160台、検査機20台 等々間接取引 - 自動車部品の組立機、ベアリングの組立機 等々

【展示会出展情報】
徳島県「ものづくり新技術展示商談会」in MAZDA(2014)
Businesss Link 商売繁盛@PACIFICO YOKOHAMA(2015)
徳島県「ものづくり新技術展示商談会」in デンソー(2016)
等、年2~3回の出展を目処としています。

英語ページ掲載情報

https://jgoodtech.jp/ja_JP/web/jc0000000001170/eng


類似する企業はこちら

類似する企業はありませんでした。