最終更新日時 : 2016/11/30 18:01:15

  • お気に入りページ登録に失敗しました
  • お気に入りページ解除に失敗しました
  • すでにお気に入り登録済みのページです
  • 株式会社公害防止機器研究所

    海外進出を視野に展開する環境装置メーカー
    
    メイン画像
    窒素酸化物(NOx)を除去する装置など、環境保全関連機器(公害防止機器)の製造、販売を手がけている。水だけでNOxを除去する装置を製品化。NOxを硝酸として回収し、再利用するシステムと併せて提案し、実績を伸ばしている。海外展開も視野に入れており、今後、商社やエンジニアリング会社などのパートナーと提携し、技術提携、技術供与、主要部品供給などに取り組む。企業、大学との共同研究・開発実績あり。大手企業への販売実績もある。

    製品・技術情報

    • 湿式NOx除去・硝酸回収装置「MKNシリーズ」

      湿式NOx除去・硝酸回収装置「MKNシリーズ」

      【製品説明】 湿式NOx除去・硝酸回収装置「MKNシリーズ」はNOxを硝酸として回収、リサイクルを可能とした画期的な装置です。その心臓部は有効接触面積の非常に大きな「NOx処理特殊フィルター」と微小な液粒子を形成させる「吸収液噴霧装置」で構成します。NOxを吸収した液を再循環することで、水だけで薬品・燃料・触媒などを使わずNOxを吸収除去できます。吸収除去した液は化学品である硝酸として回収利用できます。化学合成反応、金属塩製造、金属塩焼成、シリコンエッチングなどの施設から排出される高濃度のNOxを薬液、触媒などを使用せず水だけで吸収除去し、硝酸として回収再利用が可能です。しかも多大に費用のかかる薬液、廃液処理、排水中の窒素処理が不要となり産業廃棄物も出しません。 【認定・認可】 ■2010年:大阪府:「大阪ものづくり優良企業賞2009」受賞 技術・製品/NOx除去・硝酸回収技術 MKNシリーズ ■2009年大阪府:中小企業新事業活動促進法「経営革新に関する計画書」承認 テーマ/高効率硝酸廃液還元装置の開発 ■2003年:助成金/「UFJニューフロンティア企業育成基金」拝受 プロジェクト/高効率湿式NOx除去・硝酸回収装置の実用化研究 ■2002年:VEC(ベンチャーエンタープライズセンター)「評価書」拝受 テーマ/湿式NOx除去・硝酸回収装置 MKNシリーズ ■2002年:京都ベンチャー企業目利き委員会「評価書」拝受 製品名/湿式NOx除去装置 MKNシリーズ ■1999年:大阪府中小企業創造法「研究開発等事業計画」係わる認定 テーマ/NOxの高度除去と硝酸回収リサイクル ■1999年/通商産業省特定新規事業法「特定新規事業実施計画」の認定 事業名/湿式窒素酸化物 除去装置の製造販売

    • 吸脱着式NOx除去・硝酸回収システム

      吸脱着式NOx除去・硝酸回収システム

      【製品説明】 加熱炉、発電ボイラー、ごみ焼却炉などで発生する低濃度NOx、大風量の排ガスに含まれるNOxを大幅削減します。除去したNOxについては硝酸として回収利用できます。さらにNOxを限りなく1ppm以下まで削減できる技術を確立し、燃焼排ガス中のCO2回収に利用できます。 【認定・認可】 ■2013年 補助金採択 経済産業省/平成24年度ものづくり中小企業「試作開発等支援補助金」 採択 事業計画名:高効率窒素酸化物吸収除去・再資源化装置の試作及び技術の実証

    • プロセスガス中のNOx計測技術

      プロセスガス中のNOx計測技術

      【製品説明】 湿式NOx除去・硝酸回収装置「MKNシリーズ」に組み込まれています。MKNシリーズの開発に当たり、高濃度でかつNO2の割合が高いプロセスガスの分析測定技術を重視し、計測機器メーカーの協力を得て独自の測定技術を確立いたしました。市販されているNOx分析計は主に燃焼系排ガス向けのため最大でも4000ppmまでが限界です。しかもNOを主対象としているため、NO2の分析には限界がありました。そのため、従来高濃度NOxを測定する場合、ガスを直接採取し希釈して測定する方法を採用していましたが、精度に信頼性がなく、リアルタイムな分析値を得ることは不可能でした。当社で確立した高濃度NOx測定技術は、化学合成反応、硝酸塩熱分解、シリコンエッチング、金属溶解などから発生するプロセスガス中の高濃度でNO2リッチなNOxをリアルタイムに測定しNO、NO2の割合も正確に把握できますのでNOx除去設備計画の重要な基礎データとなります。

    • 「水」のみでNOxを吸収除去する技術

      「水」のみでNOxを吸収除去する技術

      【製品説明】 当社の湿式NOx除去・硝酸回収装置「MKNシリーズ」に組み込まれている技術です。NOxは水には吸収しにくいと言われ、従来のNOx除去技術では複数の充填塔により酸化剤、還元剤などの薬品を多量に使用する方法が主流でした。しかし本技術は水のみでは吸収除去できないという常識を根底から覆し、水のみでNOxを吸収・除去し硝酸として回収し再利用できる画期的な技術です。本技術の核となる部分はガラス繊維などを積層巻にした緻密な気液接触構造を有する特殊フィルターと気液混合に最適な液滴及びフィルター層に液膜を形成するための噴霧装置からなり、その特殊フィルター層が触媒的役割を果たし飛躍的に吸収効率を高めたことに特徴があります。フィルター層で形成された水膜はNOxを吸収しながら重力流下するため、フィルター層は常に空隙を保持しガスの通過を妨げることなく、流下した液は希硝酸として貯槽、再循環して硝酸濃度を所定の濃度に高めて回収、再利用することを可能としています。

    会社概要

    法人番号

    6120001147839

    法人名

    株式会社公害防止機器研究所

    ホームページ

    http://www.ppal-mkn.co.jp

    資本金

    1000万円

    従業員数

    5人

    設立年月

    1982年

    本社所在地:国

    日本

    本社所在地:住所

    〒572-0048 大阪府寝屋川市大利町12-13レオス大利2F

    業種

    卸売業(1)

    年間売上高

    2億9000万円

    代表者

    浅野 秀昭   代表取締役

    代表電話番号

    072-829-3035

    代表FAX番号

    072-838-3324

    自由記載

    【企業の強み】
    弊社は窒素酸化物(NOx)を硝酸に回収、資源として再利用し廃棄物を出さない “ 湿式NOx除去・硝酸回収装置MKNシリーズ ” を開発し、その普及に努めてまいりました。本装置は比較的濃度の高いNOx処理に適用し、薬剤、触媒などを不要とした環境対策のコスト削減・リサイクルの促進、廃棄物は一切出さない従来にはない画期的な装置を提供しています。また本技術をベースに大阪府立大学との共同研究開発によりゼオライトによる吸脱着式NOx除去・硝酸回収システムの実用化に成功し燃焼炉、エンジン、ボイラなどの低濃度NOx、大風量に対応したシステムで極微量のNOx(道路トンネルなど)まで適応可能となる技術を確立いたしました。NOx除去対策には高度なNOx計測技術が必要不可欠です。抜本的なNOx除去対策方法をご提供するために経験豊かな測定技術者と独自に開発したNOx計測機器を備えております。
    
    【事業内容】
    環境(公害防止機器)装置の製造、販売。当社は創業以来、環境測定を主業務として事業をしてまいりました。その中で、当時のNOx除去装置は湿式法、乾式法など開発途上にある中、NOx分析技術と極めて緻密な気液接触構造を有するフィルターとの融合で、水だけでNOxを吸収除去が可能であることを発見、製品化し、最近はNOx除去装置に特化した事業を展開しています。
    【主力商品】
    湿式NOx除去・硝酸回収装置(MKNシリーズ)
    吸脱着式NOx除去・硝酸回収システム
    【プロセスガス調査測定受託業務】
    NOxのプロセスガスは多様で複雑、NOx除去対策にはNOxガスの発生状況を把握することから始まります。
    受託業務:NOx発生源調査測定/ NOx除去実証試験/ NOx除去装置の性能試験など
    
    【業種】
    機械器具製造業(環境装置)
    
    【製品・技術の強み】
    「化学反応NOx、燃焼に伴うNOxの完全除去・資源循環技術」に自信があります。湿式NOx除去・硝酸回収装置MKNシリーズは非常に大きな気液接触構造を有する“特殊フィルター”と最適な液粒子を形成させる噴霧装置からできています。L/Gの最適化を計り極めて高い吸収効率でNOxガスを吸収、液化させ硝酸液として回収可能な画期的な装置です。
    ■ NOx除去技術一筋に30年の実績とノウハウ
    ■ 水だけでNOxを吸収除去、硝酸として回収・再利用
    ■ 薬品、燃料、触媒を使用せず産業廃棄物が無発生
    湿式NOx除去・硝酸回収装置は金属溶解、鍍金剥離、シリコンエッチング、医薬品中間体、化学合成反応、硝酸塩熱分解、アーク炉、プラズマ溶融炉など多岐にわたる分野に納入実績があります。 吸脱着式NOx除去・硝酸回収システムは燃焼炉、焼成炉、ボイラなど低濃度NOx、大風量に適したシステムで、極低濃度NOx(トンネル内NOxなど)にも応用できます。
    ● 従来技術の乾式プロセスに代わる新脱硝技術
    ● NOxをppbオーダーまで削減する技術
    
    【代表者メッセージ】
    近年、地球環境の更なる悪化を抑制するため、世界を挙げて、汚染物質排出削減の動きが出ています。中でも地球温暖化ガスであるCO2の削減が大きな課題となっていますが、その他に人体等に危険性の高い物質も多く存在しています。その一つに窒素酸化物(NOx)があります。弊社はNOx削減に取り組むのみならず、NOxの実態についても広く世に開示することで、環境意識の高揚と環境改善に貢献することで、企業・一般を問わず多くの方々に情報を提供しております。NOx対策の先駆者となること、それが弊社に与えられた使命と考えております。
    
    【販路開拓・海外展開に向けた社内体制】
    企業からの新規問い合わせ、技術相談は技術管理部が窓口となり資料提供、ヒアリングを行います。必要に応じ面談させて頂き現状を把握し、NOx発生源の調査、NOx処理の実証試験の提案を行います。海外につきましては現在のところ直接アプローチは行ってはいませんが、今後商社、エンジニアリング会社、コンサルタント会社などのパートナーと提携し、技術提携、技術供与、主要部品供給などで海外展開を図ります。
    
    【表彰・メディア掲載】
    【表彰実績】
    大阪府「大阪ものづくり優良企業賞2009」受賞
    日本オゾン協会「論文奨励賞」受賞(2012)
    
    【証明・許認可】
    大阪府「中小企業新事業活動促進法」経営革新に関する計画承認(2009)
    大阪府「中小企業創造法」研究開発等事業計画係わる認定(1999)
    通商産業省「特定新規事業法」特定新規事業実施計画の認定(1999)
     
    
    【共同研究・開発実績】
    三菱マテリアル(株):湿式窒素酸化物除去装置の共同研究開発
    大阪府立大学:NOx処理特殊フィルターによるNOx吸収メカニズムの委託研究
    大阪府立大学:オゾン利用による低濃度NOx除去技術の共同研究開発
    大阪府立大学:ゼオライトを用いた吸脱着式希薄NOx処理技術の共同研究開発
    
    【主要取引先:実績(国内)】
    長瀬産業㈱を通じて大手企業を中心に15社30基の販売実績、60社に受託調査及び受託実証試験
    
    【展示会出展情報】
    新価値創造展2014
    
    

    この企業は支援機関から推薦されています

    中小機構 近畿本部

    英語ページ掲載情報

    https://jgoodtech.jp/ja_JP/web/jc0000000000703/eng

    英語ページ掲載情報

    類似する企業はこちら

    類似する企業はありませんでした。