株式会社村上化学研究所

オフセット印刷で使用される洗浄剤や添加剤を、オーダーメードで作成可能
メイン画像
オフセット印刷のインキの洗浄剤や印刷機ローラーの洗浄剤、また安定した印刷ができるような添加剤(H液)を製造・販売している。各印刷会社にあったオーダーメイドでの洗浄剤・H液を作成することが可能。またOEMでの製品の供給もしている。近年問題になった、印刷会社での胆管癌の問題に対応すべく、環境や人体に害のない商品も開発。創業からおよそ80年、蓄積したデーターと長年の経験を生かした商品を開発している。

製品・技術情報

  • UV・油性インキローラー用グレーズ洗浄剤「ローラーフレッシュ」

    UV・油性インキローラー用グレーズ洗浄剤「ローラーフレッシュ」

    【製品説明】
    オフセット印刷は現在UV印刷と言われる紫外線硬化型インキを使った印刷方法が主流になっています。UVインキを使っていると次第にインキローラーにインキが乗っていかなくて困るというトラブルをお伺いするようになりました。そこで弊社独自の微粒子の研磨剤をクリーナーの中に配合し、インキローラーに詰まったゴミをかき出すようにしました。現在では多くのUV印刷会社でご使用いただいております。インキローラーのトラブルで困られている方は是非お使いください。
    
    

会社概要

法人番号

4122001007529

法人名

株式会社村上化学研究所

ホームページ

http://murakami-kagaku.jp/

資本金

1000万円

従業員数

4人

設立年月

1928年

本社所在地:国

日本

本社所在地:住所

〒577-0065 大阪府東大阪市高井田中3-11-17

業種

化学工業

年間売上高

4000万円

代表者

村上 太一   代表取締役

代表電話番号

06-6789-6661

代表FAX番号

06-6789-8253


自由記載

【企業の強み】
モノづくりのまち東大阪で今年で創業87年になります。印刷会社の現場でのお困りごとをお伺いし、その会社に合わせたオーダーメイドの洗浄剤・エッチ液を作成いたします。エッチ液は枚葉機・輪転機で年間70トンの販売実績があります。一昨年問題になった印刷会社での胆管癌の問題に対応すべく、有規則・PRTR法に対応した商品を順次開発・販売しております。



【事業内容】
石油または植物から作られた溶剤を使い、オフセット印刷で使用される油性・UVインキどちらでも使えるよく消える洗浄剤や印刷機の様々なローラーの洗浄剤また湿し水を極限まで絞ることが出来るノンアルコールエッチ液などを製造・販売しております。またその他樹脂成型の金型の洗浄剤やリトグラフに使用されるエッチング液など幅広く用途に合わせた溶剤を製造・販売しております。

【業種】
印刷材料の製造・販売

【製品・技術の強み】
創業から80年以上ものあいだで蓄積したデーターと長年の経験・お客様のお声を重視した商品を開発しております。洗浄剤ではUV・油性インキ対応で有規則・PRTR法に非該当の洗浄剤を開発し、「包装タイムス」に掲載していただきました。お客様ごとに洗浄剤の乾燥速度や洗浄力・臭いを変えるオーダーメイドでの洗浄剤も可能です。湿し水を絞ることが出来るエッチ液を開発し、その効果で年間30%近くインキの使用量を減らすことが出来たとデーターが出ています。弊社製品は中国・台湾・東南アジアのお客様にも使っていただいております。

【代表者メッセージ】
印刷会社様の安全・安心・作業の効率化・トータルなコストダウンのお役に立つことがわが社の存在いたします。お客様に満足していただける提案・商品・サービスを提供して行きたい!!と考えております。
「何かお困りごとはありませんか?是非、お話を聞かせてください!!!」をモットーに、よろしくお願いいたします。

【販路開拓・海外展開に向けた社内体制】
OEM供給や海外での販売などの提案をいつでも受け入れる体制です。

【表彰・メディア掲載】
【メディア掲載】
2013年7月22日「包装タイムス」

【証明・許認可】
毒物劇物取扱責任者・危険物取扱責任者

【取引形態】
試作開発受注、OEM契約 等

【主要取引先:実績(国内)】
リョービMHIグラフィックテクノロジー株式会社  国内では年間70トンのエッチ液を製造しております。

【展示会出展情報】
大阪での情報・印刷産業展に出展

英語ページ掲載情報

https://jgoodtech.jp/ja_JP/web/jc0000000000471/eng


類似する企業はこちら

類似する企業はありませんでした。