株式会社新日本テック

超硬合金や焼結ダイヤモンドなど高硬度材料の超精密加工に強み
メイン画像
超精密加工技術を武器に超精密金型、PCD(焼結ダイヤモンド)金型部品、かす上がり防止レーザ加工、SNフッ素コートなどを製造。またPCD加工技術を応用し、SiCやサファイヤなどの高硬度材料のダイシングに有効なPCDダイシングブレードも製造、販売している。PCDダイシングブレード、かす上がり防止レーザ加工はともに世界トップシェア。2013年4月に「中小企業優秀新技術・新製品賞」の優秀賞受を受けるなど表彰実績多数。

アピールポイント1: 貴社のモノづくり課題を解決し、生産性向上に貢献します

公開情報

(1)

当社は、金型(プレス・モールド)と特注金型部品の製作で多様に高度化する要望にきめ細かく対応する一方、独自の機能性金型部品(商標取得)により、金型の長寿命化やメンテナンス工数の削減、トラブルの削減による生産性の向上や省エネルギー・省資源等の付加価値を提供します。

(2)

独自に開発する機能性金型部品で、貴社のモノづくり課題を解決し、生産性向上に貢献します。

(3)

金型の長寿命化やメンテナンス工数の削減、トラブルの削減による生産性の向上や省エネルギー・省資源等のニーズに対応できます。

製品・技術情報

  • 特注金型部品

    特注金型部品

    【製品説明】
    電子部品や精密機器向けの超精密金型(プレス・モールド)部品の製造を得意とし、超硬合金やセラミックス、PCD(焼結ダイヤモンド)、工具鋼等をミクロン単位で切削、研削(平面研削、プロファイル研削、治具研削)、放電(ワイヤーカット、形彫)で加工します。図面通りの形状品を製作するだけでなく、プレス金型のかす上がりを防止する「かす上がり防止レーザ加工」、製品の離型性を改善する「イエプコ処理」、フィルム材の型抜きに最適な「一体形トムソンパンチ」などの当社独自技術(機能性金型部品、商標取得)で、多様に高度化する顧客ニーズにも、きめ細かく対応します。
    特注(オーダーメード)で対応しますので、お気軽にお声掛けください。
    
    【認定・認可】
    平成21年経済産業省中小企業庁「2009明日の日本を支える元気なモノ作り中小企業300社(日本のイノベーションを支えるモノ作り中小企業部門)」
    平成21年近畿経済産業局「2009年KANSAIモノ作り元気企業100社」に選出
    平成24年2月「第4回ものづくり日本大賞」(経済産業省)製造・生産プロセス部門優秀賞受賞
    ISO9001(2008年版)認証取得
    ISO14001(2004年版)認証取得
    PCD(焼結ダイヤモンド)金型部品:サポイン取得
    
    
    【主要保有施設・機器】
    フライス・マシニングセンタ13台、平面研削盤34台、プロファイル研削盤17台、治具研削盤2台、ワイヤーカット放電加工機10台、形彫放電加工機7台、CAD/ CAM(2D、3D)33台、その他計測機器多数
    
    
  • 冷却スプルーブッシュ

    冷却スプルーブッシュ

    【製品説明】
    小物薄肉プラスチック成形品の成形時間は、製品部に比べて肉厚となるスプルー(湯道)部の冷却時間によって支配されます。そこで、当社の冷却スプルーブッシュは、スプルーブッシュの成形機ノズルに密着する部分と、スプルー(湯道)最肉厚部の近辺に効果的な冷却経路を形成し、スプルー先端からの樹脂糸引きの防止や、スプルー最肉厚部の冷却時間短縮に効果大。工具鋼を摩擦圧接接合で製作するため、総焼き入れが可能で高硬度、成形時の摩耗による成形品への異物混入を最小限に抑えます。小径にも対応可で1本の注文から製作。特許取得。
    
    【シェア・ランク】
    世界シェア第1位
    
    【知的財産】
    特許取得
    
    
  • PCD(焼結ダイヤモンド)ダイシングブレード

    PCD(焼結ダイヤモンド)ダイシングブレード

    【製品説明】
    PCDダイシングブレードは、円盤状のPCD(焼結ダイヤモンド)の外周先端を尖鋭化して製作する画期的なダイシングブレードである。剛性が高いため座屈せず、薄型ブレードでも蛇行なくダイシング可能。ダイヤモンド粒子の微細な結晶粒界が切れ刃となるため、超硬合金やSiC等の硬質材料もワレ・カケ無く鋭利な延性モードで切断。冷却効果に優れるため、セミドライ加工も可能。Low-k材料の高品位ダイシングにも効果大。従来のダイシング装置に容易に取り付け可能で、機械加工特有のシャープなカット形状が得られます。マシニング加工用に軸付きPCDブレード(直径20mm程度)も製作可能。特許取得。
    
    【シェア・ランク】
    世界シェア第1位
    
    【認定・認可】
    (平成24年3月)平成23年度新連携事業計画事業「次世代LSI用超薄型PCDダイシングブレード製造販売事業」認定
    (平成25年4月)りそな中小企業振興財団・日刊工業新聞社共催「第25回中小企業優秀新技術・新製品賞」優秀賞受賞
    
    
    【知的財産】
    特許取得
    
    【主要保有施設・機器】
    専用装置多数
    
    
  • SNフッ素コート

    SNフッ素コート

    【製品説明】
    SNフッ素コートは、膜厚1μm以下(従来20~50μm)のフッ素表面処理で、プレス金型の刃物や切断刃物への粘着剤の付着を抑え、メンテナンス時間の削減で生産性を向上します。また、98℃以下の低温で成膜が可能(従来260℃以上)なため、金型や刃物の精密さも損ないません。防汚・撥水・撥油機能にも優れ、粘着フィルム用切断刃物や、生体サンプル切断用刃物、カテーテル等の医療機器や微細パターンの印刷工程等にも広く使用が可能。250℃以上の環境にも耐える耐熱版も開発ずみ。特許取得。
    
    【シェア・ランク】
    世界シェア第1位
    
    【認定・認可】
    平成24年12月近畿経済産業局から「関西ものづくり新撰2013」に選出される
    平成25年1月大阪府より「経営革新に関する計画」に承認される(大阪府指令経支第1122-84号)
    
    
    【知的財産】
    特許取得
    
    【主要保有施設・機器】
    成膜装置
    
    
  • PCD(焼結ダイヤモンド)金型部品

    PCD(焼結ダイヤモンド)金型部品

    【製品説明】
    コネクター等の電子部品や、時計部品等の精密部品の製造に使用するプレス金型用耐摩耗部品の主材料は超硬合金であるが、その磨耗や破損がプレス製品の寸法形状精度や生産性に悪影響を与えるため、更なる長寿命化とメンテナンスフリー化が求められています。そこで当社は、最高硬度のダイヤモンド粒子を焼結し、靱性を付加したPCD(焼結ダイヤモンド)を用いて金型部品を製作し、超硬合金製プレス金型部品の50倍以上(当社比)の長寿命も実現しました。
    
    【認定・認可】
    平成20年1月大阪府より「経営革新に関する計画」に承認される(大阪府指令経支第1059-190号)
    平成22年度 近畿経済産業局 戦略的基盤技術高度化支援事業に採択
    
    【知的財産】
    特許出願中
    
    【主要保有施設・機器】
    専用装置多数
    
    
  • 遮熱hat

    遮熱hat

    【製品説明】
    「遮熱hat」は、プラスチック射出成形機のノズルと金型の間に装着し、双方の熱移動を抑える遮熱・断熱部品。
    樹脂の糸ひき防止や、成形品質の安定による成形不具合品の削減、省資源、省エネ等の効果がある。「“超”モノづくり部品大賞」(モノづくり日本会議、日刊工業新聞社共催)奨励賞受賞、プラスチック成形加工学会の技術進歩賞2015受賞、大阪発の優れた環境技術「ゴールドエコテック」受賞、近畿経済産業局「関西ものづくり新撰2017」選出、特許取得。
    
    
    【シェア・ランク】
    世界シェア1位
    
    【認定・認可】
    「“超”モノづくり部品大賞」(モノづくり日本会議と日刊工業新聞社共催)奨励賞を受賞。
    一般社団法人プラスチック成形加工学会の第3回(平成27年度)技術進歩賞を受賞。
    大阪発の優れた環境技術「ゴールドエコテック」受賞。
    近畿経済産業局「関西ものづくり新撰2017」選出。
    
    【知的財産】
    特許取得
    
    
  • 機能性金型部品

    機能性金型部品

    【製品説明】
    当社の機能性金型部品(商標取得)は、「金型の単なる高精度化、高品位化にとどまらない『市場が期待する以上の機能(高付加価値)を有する金型部品』」で、プレス加工時の「かす上がり」トラブルの削減や、樹脂成形時の「糸ひき」「鼻たれ」「スプルーちぎれ」トラブルの削減、金型の長寿命化、メンテナンス工数の削減、使用エネルギーの削減などに効果を発揮し、貴社の生産性向上に貢献します。
    
    
    
    【認定・認可】
    機能性金型部品®は当社の登録商標です。
    【PCD(焼結ダイヤモンド)金型部品】サポイン取得
    【かす上がり防止レーザ加工】「第4回ものづくり日本大賞」(経済産業省)製造・生産プロセス部門優秀賞受賞
    【PCDダイシングブレード】経済産業省 新連携事業計画「次世代LSI用超薄型PCD(焼結ダイヤモンド)ダイシングブレード製造販売事業」認定、「第25回中小企業優秀新技術・新製品賞」(りそな中小企業振興財団、
    日刊工業新聞社共催)優秀賞を受賞
    【遮熱hat(ハット)】「“超”モノづくり部品大賞」(モノづくり日本会議と日刊工業新聞社共催)奨励賞を受賞、一般社団法人プラスチック成形加工学会の第3回(平成27年度)技術進歩賞を受賞、大阪発の優れた環境技術「ゴールドエコテック」受賞、近畿経済産業局「関西ものづくり新撰2017」選出
    【SNフッ素コート】近畿経済産業局「関西ものづくり新撰2013」に選出
    
    【知的財産】
    機能性金型部品®は当社の登録商標です。
    ・PCD(焼結ダイヤモンド)金型部品:特許出願中
    ・かす上がり防止レーザ加工:特許取得
    ・PCDダイシングブレード:特許取得
    ・冷却スプルーブッシュ:特許取得
    ・遮熱hat(ハット):特許取得
    ・SNフッ素コート:特許取得
    
    
  • 一体形トムソンパンチ・対向トムソン金型

    一体形トムソンパンチ・対向トムソン金型

    【製品説明】
    【一体形トムソンパンチ】
    一体形トムソンパンチは、切刃の高さばらつきが5μm以下の高精度な型抜き用彫刻刃です。極薄フィルムの型抜きや、0.5mm以下の狭ピッチ品、コーナR0.2mm以下の微細精密型抜きにも対応が可能です。当社SNフッ素コートにより、非粘着性の付加と切れ味の向上も可能です。
    
    【対向トムソン金型】
    対称形の彫刻刃を対向させた型抜き用のプレス金型です。極薄フィルムやハードコートフィルムを型抜き可能です。
    
    

会社概要

法人番号

2120001001974

法人名

株式会社新日本テック

ホームページ

http://www.sntec.com

資本金

1億円

従業員数

75人

設立年月

1953年

本社所在地:国

日本

本社所在地:住所

〒538-0035 大阪府大阪市鶴見区 浜2-2-81

業種

一般機械器具製造業

生産拠点(工場)

本社工場(大阪市)、鳥取工場(鳥取県東伯郡)、岡山工場(岡山県津山市)

代表者

和泉 康夫   代表取締役社長

代表電話番号

06-6911-1183

代表FAX番号

06-6911-1182


自由記載

【企業の強み】
当社は、創業して以来一貫して技術開発力と微細精密加工技術を磨いてきました。現在は、電子部品や光学部品、精密機器、医療機器用の超精密金型(プレス・モールド)の設計製作や、特注金型部品、機能性金型部品の製造を行っています。
多様に高度化するものづくりのリクエストに、超精密金型と特注金型部品できめ細かく対応すると同時に、ニーズであるものづくり課題の解決にも機能性金型部品で対応し、生産性向上に貢献する企業を目指しています。平成25年には、本社工場に天皇皇后両陛下の行幸啓を賜りました。

【事業内容】
(株)新日本テックは、スイッチ部品やコネクタなどの電子部品、カテーテルなどの医療機器、レンズなどの光学機器の製造に必要な超精密金型(プレス、モールド)や超精密金型部品の製作を得意としています。設計から部品加工、組立までの金型一式工事から、支給図面の金型部品加工、単工程加工の受注や、独自のレーザ加工やフッ素表面処理も手掛け、高度に多様化する顧客ニーズにも、きめ細かく対応します。本社工場(大阪市)、鳥取工場(鳥取県東伯郡)、岡山工場(岡山県津山市)に拠点を持ち、日本全国と海外との取引も行います。

【業種】
生産用機械器具製造業

【製品・技術の強み】
電子部品の製造に使用する超精密金型(プレス・モールド)の製造や、超硬合金・PCD(焼結ダイヤモンド)・工具鋼等への超精密加工技術(切削、研削、放電加工、ミガキ)を得意とします。独自の機能性金型部品として、かす上がり防止レーザ加工、冷却スプルーブッシュ、PCDダイシングブレード、撥水・撥油・非粘着フッ素コーティング「SNフッ素コート」、遮熱hat(ハット)等を保有し、多数の特許や、ものづくり日本大賞などの公的機関の認定や受賞も多数保有しています。国家技能検定取得など社員の技術向上も支援しています。

【代表者メッセージ】
当社は創業以来、一貫して技術開発力と微細精密加工技術の向上に努めてまいりました。
絶え間なく進化し、変わり続けるものづくりに対応するため、当社はものづくりのリクエストとニーズにお応えする「旬のネタ」を取りそろえ、美しい職場から明るく元気に良い製品をお届けする「寿司屋型ものづくり」を推進しています。
貴社課題の解決に効果を発揮し、貴社の生産性向上にきっとお役にたてると存じますので、まずは何なりとお声かけをお願いします。
私たちは時代のニーズを先取りし、微細精密加工技術で豊かな未来を切り拓いてまいります。


【販路開拓・海外展開に向けた社内体制】
当社は、ISO9001(2008年版)、ISO14001(2004年版)の認証を取得し、大手企業との取引や、海外企業との取引にも対応可能な、品質環境マネジメントシステムを構築し、活用しています。海外への事業場設置は考えていないが、海外取引に精通する商社との連携により、海外との取引にも積極対応しています。当社製品の性能や、効果の検証には、公設試や大学等との共同研究により、効果の蓋然性を示すデータの採取と提示に努めており、顧客が採択し易いよう敷居を低くする努力も鋭意行っています。

【シェア・ランク】
PCDダイシングブレード:世界シェア1位
かす上がり防止レーザ加工:世界シェア1位

【表彰・メディア掲載】
【認定および表彰】
平成21年経済産業省中小企業庁「2009明日の日本を支える元気なモノ作り中小企業300社(日本のイノベーションを支えるモノ作り中小企業部門)」選出
平成21年近畿経済産業局「2009年KANSAIモノ作り元気企業100社」選出
平成24年2月新連携事業計画認定/ 平成24年2月「第4回ものづくり日本大賞」優秀賞受賞
平成25年4月「第25回中小企業優秀新技術・新製品賞」優秀賞受賞
平成25年6月本社工場に天皇、皇后両陛下の行幸啓を賜る
平成27年9月遮熱hatで「“超”モノづくり部品大賞」奨励賞を受賞
平成28年6月遮熱hatで一般社団法人プラスチック成形加工学会第3回技術進歩賞を受賞
平成28年6月近畿経済産業局から「地域中核企業」に選出され、先進的光学部品展開の実用化支援事業に参加
平成28年8月遮熱hatで大阪府立環境農林水産総合研究所の大阪発の優れた環境技術「ゴールドエコテック」に選出
平成29年1月遮熱hatが経済産業省近畿経済産業局「関西ものづくり新撰2017」に選定

【メディア記載】
日経ものづくり2013年8月号に技術記事掲載/ 日刊工業新聞2013年3/ 26~29まで4連載記事掲載
一般財団法人日本立地センター様が産業立地や地域開発等に関する諸事業を掲載する機関誌「産業立地」2016年11月号関東記事に掲載、その他掲載多数

【証明・許認可】
ISO9001(2008年版)、ISO14001(2004年版)

【共同研究・開発実績】
熊本大学、大阪大学、産業技術総合研究所、大阪府立産業技術総合研究所、岐阜大学他と研究実績多数

【工場(国内)】
本社工場(大阪市)、鳥取工場(鳥取県東伯郡)、岡山工場(岡山県津山市)

【他主要拠点】
本社工場(大阪市)

【取引形態】
試作開発受注、ライセンス契約、共同開発、委託加工、共同開発 等

【取引条件】
弊社条件による

【主要取引先:実績(国内)】
電機、精密機器分野の大企業との取引多数

【主要取引先:実績(海外)】
中国、シンガポール、台湾企業との取引有

【展示会出展情報】
2017年4月12日(水)~15日(土)、東京ビッグサイトで開催の「INTERMOLD2017/金型展2017/金属プレス加工技術展2017」に出展。

英語ページ掲載情報

https://jgoodtech.jp/ja_JP/web/jc0000000000104/eng


類似する企業はこちら

類似する企業はありませんでした。