株式会社ワークス

夢のあるものづくり企業
メイン画像
我社は、”超精密”にこだわり、お客様に喜んで頂ける製品を、常に作り続けることを経営の柱にしています。
”どうしたら、急速に変化する市場ニーズに対応できるのか?”
思考を繰り返し、知恵を出し、現状の枠にとらわれない広い視野で、夢のある物作りを実現して行きたいと考えております。
これからも「お客様の喜び=我社の喜び」を追い続けていきます。

アピールポイント1: 精密成型の試作開発を行います!

公開情報

(1)

樹脂成形レンズ用金型部品 
素材:バインダレス超硬、SIC、SIN
サイズ:φ200mm以下
サブミクロン精度対応可
難削材、特殊材問いません。
別途、お問い合わせください。

(2)

ガラスレンズ用金型部品 
素材:バインダレス超硬、SIC、SIN
サイズ:φ200mm以下
サブミクロン精度対応可
難削材、特殊材問いません。
別途、お問い合わせください。

(3)

バイオ・医療関連の成形加工製品
・樹脂製マイクロウェルチップ
素材:シクロオレフィンポリマー(COP)
サイズ:6mm×8mm
ウェル数:40,000個
ウェルサイズ:φ30μm、深さ30μm
ウェル間:8μm
・樹脂製マイクロニードルアレイ
素材:ポリ乳酸
サイズ:φ10mm
ニードル数:100本
ニードルサイズ:φ0.45mm、高さ0.65mm

製品・技術情報

  • 直彫り加工技術

    直彫り加工技術

    【製品説明】
    この直彫り加工技術は、少ロットのプラスチック光学レンズや試作開発用光学レンズにも応用でき、金型設備を必要としませんので、コスト面や短納期対応で貢献しています。直彫りプラスチック光学レンズの精度 Ra20~30nm
    
    【主要保有施設・機器】
    JTEKT製 : AHN15-3D
    
    
  • 放電レス加工技術

    放電レス加工技術

    【製品説明】
    この放電レス加工技術は、すべて研削加工による機械加工で2ミクロン以下の形状加工精度を実現した為に、従来の技術では職人による磨きでしか製造が不可能でしたが、当技術ではすべて研削での加工を実現しました。メス金型の絞り形状が2ミクロン以下の形状高精度で加工可能なので、オスパンチとの勘合率が飛躍的に高精度化が実現可能になったことにより、金型が従来比5倍以上の長寿命になり、また、メス金型の形状精度が従来10~20ミクロンであったものが、2ミクロン以下を実現いたしました。 効果は絞り製品用パンチ/ダイの品質の向上と数値の安定再現化及び長寿命化を可能にした世界初の加工技術です。 穴内面精度 Ra 0.1μm
    
    【認定・認可】
    実願2010-004712 第3163672号
    
    【知的財産】
    実用新案 : 絞り加工用金型
    
    【主要保有施設・機器】
    西部電機製 : M500S ソディック製 : AQ35L 西部電機製 : SNC-20G
    
    
    
  • マイクロニードル加工技術

    マイクロニードル加工技術

    【製品説明】
    このマイクロニードル加工技術は、現在販売されているニードルバッチなどの根幹の技術で、様々な形状(円錐、四角錐、菱形、テーパ2段形状、中空形状など)、様々な材料(超硬、SUS、アクリル、ポリ乳酸など)を超微細加工技術により、高精度のマスター型製作技術を確立いたしました。 表面精度 Ra 0.2μm
    
    

会社概要

法人番号

9290801011638

法人名

株式会社ワークス

ホームページ

http://wks-co.com

資本金

15,000,000 JPY (円)

従業員数

46名 (うち常用雇用者数: 36名)

設立年月

1991年04月

本社所在地:国

日本

本社所在地:住所

〒811-4321 福岡県遠賀郡遠賀町虫生津1445-1

業種

一般機械器具製造業

年間売上高

520,000,000 JPY (円)

生産拠点(工場)

福岡県

販売拠点

神戸市

活用している支援機関

福岡商工会議所,遠賀町商工会,飯塚研究開発機構,中小企業団体中央会,中小企業基盤整備機構

代表者

三重野 計滋   代表取締役

代表電話番号

0932921778

代表FAX番号

0932912728

検索用キーワード

MEMS nm カメラレンズ用 スマート加工 ナノレベル 微細ピン 微細加工 成形加工 放電加工 省エネ 精密金型 絞り金型 超精密 量産 金型


自由記載

【企業の強み】
精密金型部品に使用される超精密ピンやパンチ、カメラレンズ用金型、マシニング加工品、ナノレベル微細加工品などをご要望に応じていかようにも迅速に対応可能です。また、ご注文個数は、1個から承ります。

【事業内容】
精密金型部品の製造販売。特に超精密金型に使用される超精密極細ピンをオーダーメードで製造のほか、カメラレンズ用金型や多数個一斉にカメラレンズが製造できるマルチスリーブを製造。超精密切削加工、超精密研削加工、マシニング加工、ナノレベル微細加工、品質保証、物流までを一貫して行っています。

【業種】
精密金型部品の製造業

【製品・技術の強み】
新たに開発した技術の高アスペクト比を持つ超硬合金製絞りメス金型の加工は、従来では放電加工でしか加工することが出来なかった加工方法で、形状加工精度も、0.01~0.05mm程度が限界だったが、当発明技術は、すべて研削加工による機械加工により2ミクロン以下の形状加工精度を実現し、職人による手磨き加工工程を省略することが可能となりました。このことにより、絞り金型の品質の安定化、長寿命化、最終製品の低価格化を実現出来たことはもとより、金型が5倍以上の長寿命化を実現しました。

【代表者メッセージ】
わが社は、創業時より、「お客様の満足は、わが社の喜び」を、企業経営の中心に掲げています。現在のような混沌とする市場変化の中で取り組んでいるのは、従来からの考え方を変革していき、新発想の新しいプロセスのモノづくり技術を作ることにより、お客様の次のニーズに応えていきたいと考えています。その為に、産学連携、医工連携など新しい取り組みを実行し、お客様の満足を追求して参ります。

【販路開拓・海外展開に向けた社内体制】
営業・管理内に新規取引先対応の担当を配置し、大手企業や海外企業からの問い合わせの窓口とします。技術的相談には、営業・管理並びに第一製造・超精密加工担当が検討・対応し、特に新技術相談には、営業・管理並びに第二製造・新製品開発担当が、検討及び対応し、必要に応じて直接出向くこともあります。新規顧客への対応の指示は社長が執ることとし、情報の収集・管理を徹底し、すべてのお客様に確実に対応いたします。

【表彰・メディア掲載】
【表彰実績】
元気なモノ作り中小企業300社受賞(2009年3月)/ 財団法人やまぎん地域企業育成基金受賞(2008年)

【メディア記載】
日本経済新聞(2013年9月)/ 西日本新聞(2013年7月)/ 日刊工業新聞(2013年6月)/西日本新聞(2013年6月)/ 毎日新聞(2013年6月)/ 日刊工業新聞(2013年1月)/ ふくおか経済(2013年1月)/ 日刊工業新聞(2012年7月) 等

【証明・許認可】
サポイン認定

【共同研究・開発実績】
大手企業・大学・公的機関との共同開発 等

【取引形態】
試作開発受注、共同開発、委託加工、製品・材料販売 等

【取引条件】
納品・検収後月末締め、翌々10日支払い

【主要取引先:実績(国内)】
アルプス電気株式会社(入れ子・パンチ)、旭精機株式会社(パンチ)、ミツミ電機株式会社(パンチ)、オリンパス株式会社(カメラ用レンズ金型コア・スリーブ)、パナソニック株式会社(カメラ用レンズ金型スリーブ)

【主要取引先:実績(海外)】
昌原精密(角形金型部品)

【展示会出展情報】
メカトロテックジャパン2013/ BioJapan2013/産学連携フェア/ 中小企業テクノフェア/ モノづくりフェア2013/ビッグマーケット2014(予定)/ ホンダ展示商談会(予定)/ インターモールド2014(予定)/ BIO tech 2014(予定)/ 微細・精密加工技術展2014 in 東京 等

英語ページ掲載情報

https://jgoodtech.jp/ja_JP/web/jc0000000000014/eng


類似する企業はこちら

類似する企業はありませんでした。